2015年度(第80回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
一般財団法人上月財団
日本オープンは、一般財団法人上月財団
の助成を受けています。
toto
Championship Reports
競技報告
【後半の連続ボギーで躓いた宮里優作】
第2日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Y.Watanabe
宮里優作
「ティーショットが途中から荒れてしまって、ホールロケーションもきつかったのでボギーが立て込んでしまいました。良くないところがでちゃいました。寄らず入らずが続いてしまって……。なんとかアンダーパーで上がれましたけど、やっぱり難しいですね」と悔しがったのは宮里優作だった。

10番からスタートし、前半は3バーディ・1ボギーで折り返し、通算6アンダーパーとその時点では首位グループに入っていた。ところが後半でブレーキがかかってしまったのである。「後半に入って1番でティーショットをフェアウェイに残してバーディチャンスにつけようと思ったけど、もうティーショットから違う方向に言ってしまったのでね。明日は
、そういうところも含めて修正してうまくやれたらと思います」後半は、1バーディ・2ボギー。3、4番の連続ボギーが、大きなダメージとなってしまった。コースセッティングとホールロケーションがシャープになればなるほど、一度躓くと立て直すことが難しい。一度波に乗って、穏やかな気持で流れていけばチャンスはやってくる。けれど、一度躓くと、次の波に乗り切れない。不安が先立つからだ。その隙をついてゲームの流れを乱すことがある。宮里は、その術中にハマってしまったのかも知れない。「そういうところも含めて修正」という宮里のコメントが、物語っている。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約