2015年度(第80回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
一般財団法人上月財団
日本オープンは、一般財団法人上月財団
の助成を受けています。
toto
Championship Reports
競技報告
【依然好調なプレーを見せる池田は「僕は上だけしか見ていない」】
第2日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Y.Watanabe
8月末のRIZAP KBCオーガスタに優勝した後、1試合開けて、その後4試合連続して優勝争いに加わっている。残念ながら優勝こそ逃しているが、好調の波のままこの大会にやってきた。「ショットのすべての調子がいいわけではないんですよ。ドライバーだって昨日よりは、今日のほうが良くなっているけれど、まだまだだし……でも、アプローチとパットが上手く行っているのが、このスコア、順位を保てている原因かな」と言った。池田勇太は、その豊富なワザやゲームマネージメントを駆使してプレーするタイプだ。だから、言い換えればコースセッティングが巧妙だと、そのゴルフ脳がフル回転してスコアを作り上げることが上手い。感覚派だ。


「やってみないとわからないでしょう。ヤる前から綿密にプランを立てていたって、ゴルフは、ミスのゲームだし、何が起こるか解らないゲームだから、逆に、動揺する」むしろ、自然体で対峙して、そこで組み立てていくタイプ。「それで今回みたいに第1ラウンドに68が出たら、よし明日は、もうちょっとやってみようって思えばいい。今の僕は、上しか見ていないから、いまよりも上、昨日よりももうちょっと、明日よりも明後日は、またもうちょっと上という気持ちが、モチベーションになっているのだと思う。だから、自分自身で、さあ、今日の池田勇太くんは、どういうゴルフをするのかな、と第3者的に見ているのだと思う」と語った。オンとオフの使い分けが上手い。「そうですね。始まれば油に乗る。気持ちが上がる。でも、それまでは結構、言い方が悪いけれど、あんまり考えていない。ただ試合になると、食い下がっていくぞ、という気持ちになれちゃう」

10番からのスタート。この日もアダム・スコットと同組だ。「それにしても、彼は、ほんとによく飛ばしますねぇ」と感心する。ひとつアダム・スコットから学んだことがあった。「グリーンを外さない。もちろんグリーンをはずすこともあるのだけれど、外れても許されるグリーン(をとりまく)ゾーン内ですね。僕たちは、奥へ行ったりとかあるけれど、そういうミスはしませんね。そこがやはりマスターズに勝ったり、世界ランキング1位になったりするだけの実力者なんでしょう」と語る。
池田は、前半を2バーディ。そして後半は3バーディ・1ボギー。最終ホールとなった9番ホール。4メートルのパーパットが残っていた。「ダメかなぁと思っていたのが入ってくれました。ああいうのが入ってくれると嬉しいね。昨日の最終18番でも、ナイスパーを拾ったしね」
虎視眈々。池田勇太は、池田流に「描いた通り(のスコアと順位)かな」と連続優勝を狙っている。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約