2015年度(第80回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
一般財団法人上月財団
日本オープンは、一般財団法人上月財団
の助成を受けています。
toto
Championship Reports
競技報告
【小平智が通算-13で初優勝を果たし平成生まれで初のチャンピオンに。金谷拓実が初出場でローアマチュアを獲得】
第4日 競技報告:JGA    写真:Y.Watanabe
2015年度(第80回)日本オープンゴルフ選手権は18日、兵庫県神戸市の六甲国際ゴルフ倶楽部・東コースで最終ラウンドを行った。優勝争いは、通算13アンダーパーの単独首位でスタートした小平智と2打差2位につけた池田勇太の最終組を中心に展開した。前半を終えて、ともに1つスコアを伸ばした両者。後半に入ると、小平のショートパットに狂いが生じはじめ、10番と13番でボギーを叩き、両者が通算12アンダーパーで並ぶ。しかし、15番で小平がバーディを奪って再びリードをとるが、17番では池田がバーディを入れ返し、首位タイで最終18番ホールのプレーに。池田がティーショットをバンカーに打ち込んだのに対して、小平はフェアウェイ。池田が3オン・2パットのボギーを叩くと、小平は慎重に1メートルほどのパーパットを沈め、勝負は決着。手に汗握る熱戦は、通算13アンダーパーでホールアウトした小平の日本オープン初優勝で幕を閉じた。小平は初めての平成生まれの日本オープンチャンピオンとなった。1打差の2位に大会連覇を狙った池田。さらに2打差の3位に宋永漢が入賞した。

本選手権を大いに盛り上げた第100回日本アマチュアゴルフ選手権覇者の金谷拓実は、この日76とスコアを落としたものの、通算3アンダーパー、全体の11位で初出場でローアマチュアを獲得した。また、昨年大会に続いて日本オープン出場のアダム・スコットは、勝負所のパッティングが決めきれない戻しい展開も、4バーディ・1ボギーの69でホールアウト。通算5アンダーパーの7位タイで日本オープンを終えた。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約