JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【平本世中が-2で単独首位に立つ】
第1日 競技報告:JGA 写真:Gary Kobayashi
2017年度(第23回)日本ジュニアゴルフ選手権男子15~17歳の部は16日、埼玉県川越市の霞ヶ関カンツリー倶楽部・東コースで第1ラウンドを行った。昨日からの雨に加え季節違いを思わせる気温20.6度の中で開幕した本部門。7,466ヤード・パー71でセッティングされた東コースに出場選手たちはスコアメイクに苦しんだ。その中で、単独首位に立ったのは平本世中(厚木北高校3年)。平本は前半を3バーディ・1ボギーの34で終えると、後半も1バーディ・1ボギーのパープレーでしのぎ、2アンダーパーでホールアウト。2位タイグループの大澤優(開志国際高校3年)、小林忍(秀岳館高校3年)、児玉章太郎(沖学園高校2年)に2打差をつけた。昨年本選手権男子12~14歳の部を制し、本部門初出場の岡田晃平(明徳義塾高校1年)は17番まで1バーディ・3ボギーと粘りのプレーを続けていたが、最終18番でダブルボギーを喫し、4オーバーパーの34位タイで第1ラウンドを終えた。なお、日本アマチュアゴルフ選手権2位の中島啓太(代々木高校2年)は、腰痛のため欠場となった。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約