JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【最後の日本ジュニアで2打差2位タイと好スタートの小林忍】
第1日 競技報告:JGA 写真:Gary Kobayashi
今年の九州ジュニアゴルフ選手権で3位の成績を残して、最後の日本ジュニア出場を決めた小林忍(秀岳館高校3年)がイーブンパーでホールアウト。首位と2打差の2位タイと好スタートを切った。

この日の小林は、スタートの1番で残り150ヤードのセカンドショットを9番アイアンで3メートルにつけてバーディ発進を決める。その後、3番でアプローチミス、4番(パー3)ではティーショットを左バンカーに打ち込み連続ボギーを喫したが、5番(パー5)で150ヤードの3打目を8番アイアンで狙い通りのフェードボールでピンを刺してバスンスバック。その後は、「雨とこのコースの距離に苦戦して…耐えるゴルフでした」とパーオンを逃すホールが多かったが粘りのプレーで14番までスコアカード通りのパープレーで凌ぐ。その忍耐強さに天が味方したのか、15番では「10メートルはあったと思う。これは寄せにいこう」と打ったバーディパットが見事にカップに沈んだ。最終18番は、「この日唯一のパットミス」とパーセーブを逃してボギーフィニッシュとなったが、3バーディ・3ボギーでのホールアウトは見事なものだった。

改造後初めての日本ジュニアの舞台となった東コースは、その様相を一変し、「この距離でパー71は、今まで経験したことがありません。それに雨で距離も残って…本当に難しかった」と印象を話すが、その中でのパープレーには「このスコアで充分。上出来だと思う」と表情を崩す。秀岳館高校では、JGAナショナルチームU-17のメンバーでもある池田悠希の他、日本アマでも活躍する芹澤慈眼が在籍している。特に、小林と同学年の芹澤は、「寮でも同じ部屋で、とても仲が良いです。ライバル意識はありませんね」と、寝食をともにしながら切磋琢磨してきた。「最近、調子はいいです。KBCオーガスタのアマチュア予選会でも優勝できましたし。その調子があるから耐えるゴルフが出来ていると思う」と、半歩先を行く仲間たちに追いつき追い抜くチャンスは感じている。「3日間パープレーが目標。今日はクリアできましたが、明日以降も耐えていいくしかないです」柔和な表情の中で見せる強い眼差しに、その覚悟を感じさせる小林だった。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約