JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【大澤優は耐えて首位と2打差の2位に】
第1日 競技報告:JGA 写真:Gary Kobayashi
大澤優(開志国際高校 3年)は、距離が延長され、グリーン、バンカー、フェアウェイの形状を大幅に改造された霞ヶ関カンツリー倶楽部・東コースに苦戦し、耐えるゴルフを強いられた。

「距離が伸びたうえに雨が降って余計に長い」と感じられるコースコンディション。しかし、飛距離に頼るのではなく「ラフも重かったので、ラフに入れないように距離よりラインを大事にした」コースマネジメントが良かった。「今日は耐えて、耐えて、2個もバーディが獲れたので十分」とこの日は2バーディ・2ボギーのパープレー71で回った。

10番ホールスタートだった大澤は「10番から3ホールは難しいホールが続く。ここをパーとして、短いホールでチャンスにつけて、と思っていた。最後の長い9番(521ヤード パー4)のボギーはしょうがない。パー72という気持ちでやりました」と思い通りのプレーができた。

2年前の本選手権に出場した時は44位タイだった。昨年は関東ジュニアで49位タイと日本ジュニアには進めなかった。「2年前より自分も飛距離が伸びている」と長いコースでも対応ができている。首位と2打差の大澤は「最終ラウンドは最終組かその前の組でプレーしたい。優勝というより優勝争いをしてみたい。そういう位置にいられるように明日がんばりたい」と上位をうかがう。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約