JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【平本世中が通算-3で単独首位を堅守】
第2日 競技報告:JGA 写真:Gary Kobayashi
安達大空
米澤 蓮
2017年度(第23回)日本ジュニアゴルフ選手権男子15~17歳の部は17日、埼玉県川越市の霞ヶ関カンツリー倶楽部・東コースで第2ラウンドを行った。時折夏の日差しも差し込む絶好のコンディションの中でスタートしたこの日。単独首位でスタートした平本世中(厚木北高校3年)は、ボギーが先行する苦しい流れも要所を締める粘りのプレーで70とスコアを伸ばし通算3アンダーパーで単独首位を守り、初優勝に一歩近づいた。平本を追うのは3打差5位タイにつけていた杉浦悠太(福井工業大学附属福井高校1年)。杉浦は3バーディ・ノーボギーの見事なプレーでこの日ベストスコアタイの68でホールアウト。通算2アンダーパーとし、平本と1打差の2位で明日の最終ラウンドを迎える。さらに2打差の通算イーブンパー3位タイには、鈴木晃祐(西武台千葉高校2年)、安達大空(津田学園高校3年)、米澤連(森岡中央高校3年)がつけ、明日の優勝争いは混戦模様となった。

なお、この日カットが行われ、通算9オーバーパーの53位タイ、62名が明日の最終ラウンド進出を決めた。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約