JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【平本は首位を意識せずトップを守る】
第2日 競技報告:JGA 写真:Gary Kobayashi
前日2アンダーパー71で回り、首位スタートを切った平本世中(厚木北高校3年)。第2ラウンドは10番ホールからスタートしたが、11番ボギー、12番は3パットでボギー、と苦しい展開となった。14番のパー5でバーディを獲り返すも続く15番でまたも3パットのボギーと波に乗れない。「ボギーが先行してどうなるかと思った。もう2オーバーパーで上がれればいい」と半ば開き直ると16番で「5メートルのバーディパットが入って救われた。トップを意識せずできることをしよう」と立ち直った。ハーフターンしてからは6、8番でバーディを奪い、この日は結局4バーディ・3ボギーの1アンダーパー70にまとめ、通算3アンダーで首位をキ
ープした。

2位とは1打差だが優勝に向けて絶好のチャンスがやってきた。前日の結果を見て、友人、知人から応援メールや連絡が「たくさん来て力になった。その分プレッシャーになったけれども、2日目なので緊張はしなかった」という。プレーの内容についても「昨日はたまたま、今日のほうがいいプレーをしていた」とスコアは前日のほうが良かったにもかかわらず、第2ラウンドのプレーに手ごたえを感じている様子だ。

しかし、彼には苦い経験がある。今年の全国高等学校ゴルフ選手権春季大会では、2日目を終わって首位と2打差の3位につけ、優勝のチャンスがあった。ところが最終ラウンドは「自分のプレーができず、テンパって守りのゴルフをしてしまい、それが裏目裏目に出た」と79と大きく崩れ、結局23位タイに終わった。かつて球聖とうたわれ、年間グランドスラムを達成したボビー・ジョーンズは「勝った試合では何も学んだことはない。負けた試合からこそ多くのことを学んだ」といった。平本も「大たたきをして学んだことを活かせればいい。明日は自分が1位と思わず回れればいいかな」と苦い経験を糧に春のリベンジを誓う。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約