JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【鈴木晃祐が通算-1で逆転初優勝】
第3日 競技報告:JGA 写真:G.Kobayashi、Y.Watanabe
2017年度(第23回)日本ジュニアゴルフ選手権男子15~17歳の部は18日、埼玉県川越市の霞ヶ関カンツリー倶楽部・東コースで最終ラウンドを行った。首位と3打差に6名がひしめく大混戦でスタートしたこの日。通算3アンダーパーで単独首位に立っていた平本世中(厚木北高校3年)が前半をパープレーで凌ぐと、1打差2位の杉浦悠太(福井工業大学附属福井高校1年)が1つスコアを伸ばして首位タイに並ぶと、3打差3位タイにつけていた鈴木晃祐(西武台千葉高校2年)も2打差で食らいつく。膠着状態の前半を終えて迎えた後半、勝負の流れは激流のように動き出した。平本が10番でボギーを叩くと11番ではダブルボギーを喫し、優勝争いから脱落。杉浦も11番でダブルボギー、12番から連続ボギー。3ホールで4ストロークスコアを落としてしまう。2人の乱調の中で、鈴木は11番こそボギーとしたものの、その後はパーを積み重ねて単独首位に。17番では必死に追いすがる杉浦とともに両者バーディで付け入る隙きを与えず、鈴木が1アンダーパー70でホールアウト。通算1アンダーパーで逆転初優勝を果たした。1打差の2位には杉浦、さらに1打差の通算1オーバーパーで植木祥多(埼玉栄高校3年)、杉原大河(生光学園高校3年)、安達大空(学法津田学園高校3年)が3位入賞となった。ここまで本選手権をリードしてきた平本は、最終ラウンドで2バーディ・6ボギー・3ダブルボギーの81とスコアを落とし、通算7オーバーパーの26位タイに終わった。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約