JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【杉浦悠太は1打差の2位に終わる】
第3日 競技報告:JGA 写真:Gary Kobayashi
杉浦悠太(福井工業大学附属福井高校 1年)は、前半は2バーディ・1ボギーの35で回り、前日まで首位の平本世中をとらえて並んだ。後半は2人の優勝争いかと思われたが、平本が後半だけで10オーバーパー45を打つ乱調で、優勝争いの相手は2打差で追ってくる鈴木晃祐に変わった。

杉浦は11番でティーショットを左に曲げ、2打目は出すだけだったが、3打目もまだラフからでグリーンを奥にオーバーし、4打目のアプローチでやっとグリーンに乗せて、2パットのダブルボギーを叩いいてしまう。このホールは鈴木もボギーで、まだ1打のリードがあったが、続く12番(パー4)では第2打をバンカーに入れてしまい、ボギー。さらに1
3番(パー4)でもバンカーから第3打をグリーンオーバーさせてしまうミスでボギーとして、ついに首位の座を鈴木に明け渡してしまう。

それでもまだ「逆転しよう」と最後まであきらめずプレーした。17番では3メートルのバーディパットを沈め、鈴木と並んだ。しかし、それもつかの間、鈴木も2メートルのバーディパットを入れ返し、再び1打差となる。

しかし、18番ホールは2人ともパーでホールアウトし、杉浦は差を詰めることができず、1打差の2位に終わった。後半のプレーについて「思ったほど緊張はしなかったが、11番からの3ホールでもったいないミスが続いてしまった」と悔やんだ。

今後は日本オープンの最終予選に挑む。予選を通過して、ぜひ日本オープンの本選でこの悔しさを晴らしてほしい。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約