JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【日本アマ歴代チャンピオンの和田博が首位と1打差の2位と好位置につける】
第1日 競技報告:JGA 写真:JGA
2000年日本アマチュアゴルフ選手権競技優勝、1996年日本ミッドアマチュアゴルフ選手権優勝とアマチュアの「日本」タイトルを獲り続けてきた男が、ついに日本シニアゴルフ選手権に満を持して登場した。今年55歳になった和田博だ。

1番ホール(パー4)からスタートし、いきなり第2打を40センチにつけ、バーディ発進。好スタートを切った。が、4番(パー5)で思わぬ罠が待っていた。第2打は左足下がりの難しいライにもかかわらず5番ウッドを手にして強振したが、ボールは上がらず斜面に当たり、左のラフへ。第3打はダフってグリーンに乗らず。4オンしたものの3パットをしてしまい、まさかのダブルボギーとなってしまった。

しかし、和田は「結果的にはあのダブルボギーで気持ちが引き締まってよかった」とここからバーディ攻勢に出る。8,10,16,18番とバーディを奪い、この日はダブルボギーがあったもののノーボギー、3アンダーパーでホールアウトした。

「第1ラウンドとしてまぁまぁ」とプレーを振り返った。会場の日光カンツリー倶楽部は、これまでに何度もプレーしており、「大好きなコース」と気に入っている。本人の持ち球である「フェードボールが合う」と得意にしている。1996年に日本ミッドアマを開催した時には第1ラウンドに68をマークしており、コースとの相性はいい。その秘訣は「9,10,11,12番ホールをアンダーパーで回れれば、いいスコアが出る」とこの日彼はその4ホールを1アンダーパーで回っている。「いい感じ」と好感触を得ている。

「日本アマ」「日本ミッドアマ」とくれば当然「日本シニア」も「獲りたい」と意欲を見せる。「若い人が入ってこない、シニアルーキーのうちに1年目で」タイトルを手にしたいところだ。「まだ第1ラウンドなので意識はしないが、18ホール、18ホールをしっかり回っていきたい」と虎視眈々と優勝を狙っている。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約