JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【日本シニア初出場の森田廣宣がいきなり5連続バーディで首位発進】
第1日 競技報告:JGA 写真:JGA
本選手権初出場の55歳、森田廣宣が10番ホールからのスタートでいきなり5連続バーディを記録し、勢いに乗った。これには本人も「びっくり。ええ感じでパットが入ってくれた」と前半を31でターンし、さすがに後半は「緊張して」1番ホール(パー4)では第2打をバンカーに入れ、そこからグリーンに乗せるのに2打かけてしまい、ダブルボギーを叩いてしまった。

しかし、これで「開き直れた」とその後は調子を取り戻し、6番バーディ、7番ボギーの後最終9番ホールでもバーディを奪い、4アンダーパー68でホールアウトした。井上誠一氏設計の日光カンツリー倶楽部を「グリーンが難しい」と評していたが、この日は「ショットの調子が良く、ピンにビタビタついた」ために、パットで悩まされることはなかったようだ。

これまで日本シニアオープンには2度ほど出ているが、今年が本格的なシニアデビューの齢となる。2001年には関西アマチュアゴルフ選手権競技に優勝した実績もあり、このスコアは決してまぐれではない。第1ラウンドが終わっただけで、本人はまだ優勝を意識する段階にはない。ただ、この勢いで一気に残り2日間も乗り切ってしまう可能性もありそうだ。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約