JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【和田博が2位に6打差をつけ、独走態勢に】
第2日 競技報告:JGA 写真:JGA
55歳以上のアマチュアゴルファー日本一を決める2017年度(第39回)日本シニアゴルフ選手権は26日、栃木県日光市の日光カンツリー倶楽部で第2ラウンドを行った。

この日は前日とはうって変って、快晴微風の絶好のコンディションで、気温も上がり、昼ごろには暑く感じられるぐらいであった。しかし、スコアのほうは全体的に伸びず、改めてコースの難しさを印象付けた。

その中で、和田博がこの日も1アンダーパー71で回り、通算4アンダーパーとただ一人アンダーパーをキープして首位に立った。2位の田村敏明、昨年優勝の榎隆則の2人は通算2オーバーパーで、6打差をつけた。「日本アマ」「日本ミッドアマ」に続く、「日本」タイトルに王手をかけたが、この日はショットが乱れ、パットに救われる「苦しい」ゴルフだった。はたして、このまま和田が逃げ切るのか、それとも波乱があるのか、残り18ホールにすべてがかかっている。

なお、36ホールを終了して通算13オーバーパー157ストロークまでの55位タイ62名の選手が27日の第3ラウンドに進出した。

本選手権の情報は、公式フェイスブックでもご覧いただけます。
JGA公式フェイスブックはこちら


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約