JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【和田博が日本シニアのタイトルに王手】
第2日 競技報告:JGA 写真:JGA
「日本アマ」「日本ミッドアマ」に続く「日本」タイトルを狙う和田博が3バーディ・2ボギーの1アンダーパー71で回り、通算4アンダーパーとして2位に6打差をつけ、独走態勢に入った。このコースは「大好き」という彼もこの日は少し手こずった。10番ホールからのスタートで左側はOBラインが続き、スタートホールからいきなりティーショットで気を使わなければならない。さらに本人が「難しい」という11、12番が続き、神経を使う。

加えてこの日はショットが曲がり、苦しい展開だった。5番ホールではティーショットを左の林の中に打ち込み、2打目は出すだけで、3打目でグリーンに乗せ、4メートルのパットを決めて、パーでしのいだ。この日は28パットという数字がいかにパットに助けられたかを示している。「グリーンの硬さ、スピードが増して難しい。下りの順目だと、自分ではちょうどいいと思った距離でも」球が走って奥まで行ってしまう。その距離感が難しいという。多くの選手がスコアを伸ばせない大きな要因だ。

彼がこのコースでキーホールに挙げるのが、9番から12番までの4ホールだ。ここをうまく抜けられれば好スコアで回れるという。実際、第2ラウンドのこの4ホールのスコアは1アンダーパーだ。「最後のバーディが大きかった」と9番ホールを挙げる。第3打を1.5メートルにつけて、しっかりバーディを決めて、この日もアンダーパーで回った。

彼の計算では「1日2アンダーパー」、つまり3日間で通算6アンダーパーを目指している。ここまでは「結果的に」予定通り4アンダーパーまで来た。手ごたえは感じている。「日本シニア」のタイトルも目前まで迫ってきた感じだ。ただし、ゴルフは6打差があっても18ホールで何が起こるかわからない。過去にマスターズなどメジャーでもまさかの逆転劇があった。彼は最後の18番ホールまで気を抜かずにプレーする。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約