JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【ディフェンディングチャンピオンの榎隆則が2位タイに浮上】
第2日 競技報告:JGA 写真:JGA
昨年優勝の榎隆則が2バーディ・2ボギーのパープレー72にまとめ、通算2オーバーパーで田村敏明と並んで2位タイに浮上した。「第1ラウンドはドライバーの調子が悪く、フェアウェイに3割くらいしか行かなかった。アイアンショットとアプローチでしのぎました。今日はドライバーの調子が戻り」フェアウェイキープも14ホール中12ホールと安定した。「バーディチャンスにつけられ、昨日よりいいプレーができた」と表情も明るかった。

ただし、首位の和田博とは6打差だ。昨年の1打差を逆転したのとは違いがある。「自分が精一杯にプレーをしても」届くかどうかは、和田のプレーにかかっている。他力本願になってしまうが、第3ラウンドは和田と一緒に最終組を回る。目の前に相手のプレーを見ながらプレーできるので、その点はやりやすい。

だが、目標はあくまで「パープレー」だ。少しでも首位に「近づきたい」が、あまり無理をして攻めて行っても自滅してしまうこともある。「意識をしながら、意識しないように」と笑う。「昨年と同じ緊張感を味わえる。ワクワクしている」とまずは優勝争いができることに喜びを感じている。その先に栄光が待ち構えている。それぐらいの気持ちで挑む。「虎視眈々で」と最終組でのプレーを楽しみにしている。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約