JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【APGCシニアで活躍した亀井隆、田村敏明の2人が上位入賞】
第3日 競技報告:JGA 写真:JGA
亀井 隆
先週オーストラリアで行われたAPGCシニアゴルフ選手権に出場していた亀井隆、田村敏明の2人がその疲れをものともせず、素晴らしいプレーを見せてくれた。

APGCシニアでは9位とトップ10フィニッシュを決めた亀井は、22日の日曜日に帰国、23日には日光カンツリー倶楽部へ移動するつもりだったが、台風の影響を考慮して予定を変更し、24日の火曜日にコース入りした。結果的には疲れがとれて、この月曜日の休養が大きかった。第2ラウンドを終わって通算3オーバーパーだったが、第3ラウンドは6バーディ・3ボギー・1ダブルボギーの1アンダーパー71をマークして、2位に入った。「出だしの1番でボギーを叩き、4番で
田村敏明
はダブルボギーを叩いて、今日もダメかな」と思った。しかし、5,6番と連続バーディを奪い、息を吹き返した。「思い切ってやろう」と気持ちを切り替え、この日は6バーディを奪った。「上出来」と満足のプレーだった。オーストラリアでは「力不足だった。来年は雪辱したい」と早くも来年の目標が決まった。

APGCシニアでは日本人最上位の7位、65~69歳のカテゴリーでは優勝した田村も通算6オーバーパーの4位と存在感を示した。「ボギー先行で苦しいラウンドでした」と優勝には手が届かなかったが、「気持ちだけは折れないように」最後まであきらめないでプレーした。APGCシニアでは初めてのリンクスコースに「最初はどうプレーしていいか、わからなかったが、向こうの選手が低い球で攻め、転がして」攻めるのを見て、自分も同じようにプレーしたところ、優勝につながった。すぐさま環境に順応できる適応力はさすがだ。「来年のAPGCシニアに出れるように頑張ります」と、こちらも亀井と同様だ。

来年のAPGCシニアでの2人の活躍を期待したい。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約