JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【澤田信弘が3位入賞】
第3日 競技報告:JGA 写真:JGA
澤田信弘は、1番ホールのティーショットを左に曲げ、木に当たるミスでボギー発進だった。4番(パー5)ではピン左10メートルくらいに3オンしたものの、バーディパットをショート。結局3パットでボギーとしてしまう。その後、5,7番でバーディを奪い、スタート時点の通算3オーバーパーに戻した。

しかし、ハーフターンして10番(パー5)で3オンしたものの3メートルのバーディパットを外し、パー。11,12番ではいずれも3パットのボギーとして、流れに乗ることができない。それでも13,14番でバーディを獲って、再び流れを取り戻す。ところが、15番ホールでティーショットを右に曲げ、ボールは林の中へ。第2打を無理して打ったところ、ボールが木の根元で止まってしまい、アンプレヤブルを宣言せざるを得なかった。結果ダブルボギーにしてしまった。それでも最後まで踏ん張った。17番では5~6メートルのパーパットを沈め、18番はティーショットを左のラフに入れ、第2打は「30ヤード、フックをかけて」パーをセーブした。

「もったいなかったけど、それはみんなも同じ。よく我慢できた」と振り返った。通算5オーバーパーで3位入賞。この経験を糧に来年、リベンジを果たしてほしい。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約