JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
International Championships
[国際競技]
大会のみどころ
成績
組合せ・スタート時刻
競技報告
出場選手
競技概要
フォトギャラリー
大会の記録
国際競技日程

JGA National Team Official Supplier
DESCENTE
SRIXON
asics
ミズノスポーツ振興財団
国際交流事業は(公財)ミズノスポーツ振興財団から助成を受けております。
日本のスポーツを応援しよう
Championship Reports
競技報告
【池田・安田チームが逆転優勝、吉田・中島チームは3位入賞】
第3日 競技報告:JGA 写真:JGA
優勝を飾った池田・安田組
APGCジュニア選手権三菱コーポレーションカップの最終ラウンドが、9月1日(金)に香港ゴルフクラブで開催された。男女各18ホールストロークプレーにて行われ、二人の合計スコアがチームスコアに反映さる最終ラウンド。

首位のオーストラリア(G.Kim・J.Morgan)に1打差の2位でスタートしてた池田悠希(秀岳館高校2年)と安田祐香(滝川第二高校2年)チームは、安田が5バーディ、1ボギーの4アンダー・パー66でホールアウト。抜群の安定したプレーでチームを牽引し、チーム通算13アンダーパーに伸ばした。安田と同組で回ったG.KImが1オーバー・パーとスコアを崩したため、池田・安田組は、女子の部が
3位入賞 中島・吉田組
池田ホールアウト風景
終了した時点で、オーストラリアを逆転し4打差のトップに立ち、優勝の行方は、池田に委ねられた。

池田は途中、同組のオーストラリアのJ.Morganに3打差をつけられ、チーム通算で1打差まで迫られるも、後半14番、15番の連続バーディで突き放し、最終18番(パー4)でセカンドショットを直接カップインしイーグルフィニッシュ。池田は、この日1イーグル、5バーディ、3ボギーの4アンダーパー66で回り、池田・安田チームは、チーム通算17アンダーパーで、2位のオーストラリアに7打差をつけ、日本チーム初優勝を逆転で飾った。

中島啓太(代々木高校2年)と吉田優利(麗澤高校2年)チームは、中島が2バーディ、5 ボギーの3 オーバーパー73とスコアを崩してしまうも、吉田が4バーディ、2ボギーの2アンダーパー68とスコアをまとめ、チーム通算4アンダーパーで3位入賞を果たした。

3連覇のかかた韓国チームは、S Y Kwon・S H Ohチームが3位、G M Lee・Y J Jeongチームは11位タイに終わった。

来年本大会も、香港ゴルフクラブで開催される。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約