JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【あわやハーフ29の快スコアか。8バーディ奪取の幸田彩里がトップ発進】
第1日 競技報告:塩原義雄 写真:Y. Watanabe
取りも取ったり、8バーディ。幸田彩里が圧巻のゴルフでトップに立った。スタート1番、最終18番ホールのボギーでサンドイッチされた2番から17番はバーディがてんこ盛り状態だった。

5番(パー5)でピンまで80ヤードの距離を2メートルに寄せたのが、最初のバーディだった。距離の長い9番(パー4)では「ドライバーショットが会心の当たりで」第2打の7番アイアンのショットがピン横1.5メートルについた。
ここまでの幸田は、まだ自分のゴルフを意識していた。「同じ組でラウンドした政田(夢乃)さんが、すばらしいプレーをしていたので、しっかりついていこうと思っていました」。

それが、無心のゴルフへと切
り替わったのは後半にターンしてからだった。アゲインストだった10番(パー3)。大きめの6番アイアンで放ったショットがピンそば20センチについた。さらに、12番(パー4)ではドライバー、3番ウッドの第1、2打でピンまで20ヤード残したが、ここからチップイン。13番では9番アイアンの第2打が、またもや20センチに。14番(パー5)では、第2打を7番アイアンでバンカー手前にレイアップしたあとピッチングウェッジで2メートルにつけるスマートなホール攻略で3連続バーディを決めた。

快進撃は、まだ続く。16番パー3ではピン奥5メートルからのパットを沈め、17番はピンまで80ヤードの第2打をウェッジ(ロフト50度)で1メートルにつけた。「10番からは、何も考えませんでした。ボールに向かう前に、誰かの声が聞こえてきて、何番で、どんなショットをすればいいんだぞ…みたいな感じです。ボールのところにいったら、やることは決まっていて、あとは打つだけ、という状態でした。ホールアウトしてから思ったんですけど、あれが“ゾーンに入る”ということなのではないか。なんか、初めてですけど、凄い体験をしたのではないかという感じです」。

最終18番ホールに向かうとき、今度ははっきりと声が聞こえた。政田から言われた。「29が出るんじゃないの」。確かにパーでも29、バーディなら28というとてつもないスコアになるところだった。それを「ちょっと意識した」ことでゾーンから抜けてしまったのかもしれない。ドライバーショットを左にミスして3番ウッドの第2打はグリーン手前バンカーにつかまってのボギーになってしまった。

2年生で迎えた今大会。幸田は「優勝というより、上位に入って来年大会へのシードをとりたいな」と思って臨んできた。「オリンピックの舞台になる東コースで一足早くプレーできる。それも楽しみでした」。

これまでのベストスコアは地元の森林公園ゴルフ場でマークした68。それを大舞台で大幅に更新した。「練習ラウンドのときから、ずっと調子がいいので、目標は達成できるかな…。今日のスコアでちょっと自信が湧いてきました。この調子が続いたら?そりゃあ、大騒ぎ、お祭り騒ぎですよ。ありえない。ゾーンって、何日も続くものじゃないんでしょ?」

自己ベスト更新でも、幸田は目標修正することなく、あくまでシード権確保に拘っていくという。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約