JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
2018年度(第24回)日本ジュニアゴルフ選手権競技 女子15歳~17歳の部
ROUND│3 更新 08/17 18:53 ★:シード選手
POS Player   Score Today Hole Rounds Total
R1 R2 R3
1 吉田 優利 麗澤高等学校 3年 -8 -3 F 70 67 68 205
2 政田 夢乃 北海学園札幌高等学校 3年 -7 -2 F 66 71 69 206
3 澁澤 莉絵留 沖学園高等学校 3年 -6 -3 F 73 66 68 207
4 安田 祐香 滝川第二高等学校 3年 -5 -5 F 72 70 66 208
5 岩井 千怜 埼玉栄高等学校 1年 -4 -1 F 67 72 70 209
フルリーダーボード
第1日第2日第3日
DAY3[第3日]
2018年度(第24回)日本ジュニアゴルフ選手権女子15~17歳の部は17日、埼玉県川越市の霞ヶ関カンツリー倶楽部・東コースで第3ラウンドを行った。通算5アンダーパーで首位タイに並んで最終ラウンドをス... 詳細はこちら

【後半の勝負どころで一気に優勝を手繰り寄せた吉田優利】
「朝の気づき」と「日本女子アマでの経験」。吉田優利は、その二つを勝因に挙げた。朝の気づきとは、スタート前のドライビングレンジでのことだ。前日までパラッパラの状態だったというドライバーショットだったが、... 詳細はこちら
【一時は単独トップに立つも終盤に突き放された政田夢乃は1打差の2位】
13番ホールまでは互角以上の戦いだった。トップタイで最終ラウンドをスタートした政田夢乃と吉田優利の最終組対決である。前半はともに2バーディで通算7アンダーパーまでスコアを伸ばし並んだままだった。均衡を... 詳細はこちら
【澁澤は追い上げも一歩及ばず2打差3位に終わる】
首位と2打差の4位タイから逆転を狙って最終ラウンドをスタートした澁澤莉絵留。最後の日本ジュニアに賭ける思いを表現するかのように連続バーディで最後の18ホールの幕を開いた。「出だしで2バーディを獲れて、... 詳細はこちら
【出遅れがたたった安田祐香は66の猛追も4位止まりに】
スパートをかけるのが遅かった。実力者の安田祐香は、最終ラウンドに66と猛追したが優勝争いに絡むことはなく3打差の4位に終わった。悔やまれるのは通算イーブンパーと足踏みした第1、第2ラウンドのスコアだ。... 詳細はこちら
ページトップ
DAY2[第2日]
2018年度(第24回)日本ジュニアゴルフ選手権女子15~17歳の部は16日、埼玉県川越市の霞ヶ関カンツリー倶楽部・東コースで第2ラウンドを行った。

混戦模様の本部門。首位スタートの幸田彩里(名...
詳細はこちら

【「ここが私のゴールじゃない」と言いながら、吉田優利がトップタイに浮上】
日本女子アマに続く年間2冠に挑む吉田優利が第2ラウンドに4バーディ・ノーボギーの67をマークして通算5アンダーパーとスコアを伸ばし、トップタイに浮上した。第1ラウンド終了後に「今日はスコアには繋がりま... 詳細はこちら
【政田夢乃がパッティングに苦しむも首位に並ぶ】
政田夢乃が2バーディ、2ボギーのパープレー71で回り、通算5アンダーで吉田優利と並んで首位に立った。10番ホールからスタートし、「前半はパットが入らず」耐える展開だった。14番で「1メートルもないパッ... 詳細はこちら
【幸田彩里はショットメイクに苦しみ3位に後退】
第1ラウンドで65をマークして単独首位に立った幸田彩里。昨日のプレーは、いわゆる”ゾーン”に入ったことを感じるほどの会心の出来だったが、2日続けて”ゾーン”を体感できることができなかった。それは、コー... 詳細はこちら
【2番のイーグルで覚醒した山下美夢有は67をマークして7位タイに浮上】
ゴルフは、1打でガラリと変わることがある。「この大会前からずっと調子が悪くて、練習しても修正できない状態が続いていたんです」という山下美夢有は、第1ラウンドも73と、ちょっと苦しんでいた。「ダウンスウ... 詳細はこちら
【66のベストスコアで2打差の4位タイに急浮上した渋澤莉絵留は「優勝したいです」】
1オーバーパーの31位タイからスタートした渋澤莉絵留。第2ラウンドは5バーディ・ノーボギーのベストスコアをマークして通算3アンダーパーまでスコアを伸ばし、2打差の4位タイにまで浮上した。群馬県出身で、... 詳細はこちら
【双子の姉妹、岩井明愛・千怜の2人が通算-3で4位タイに】
双子の姉妹、岩井明愛(埼玉栄高1年)・千怜の2人が通算3アンダーパーで首位と2打差の4位タイに、仲良く並んだ。この日、スコアを伸ばしたのは姉の明愛のほうだ。4バーディ・3ボギーの1アンダーパー70で回... 詳細はこちら
ページトップ
DAY1[第1日]
2018年度(第24回)日本ジュニアゴルフ選手権女子15~17歳の部は15日、埼玉県川越市の霞ヶ関カンツリー倶楽部・東コースで第1ラウンドを行った。プロツアー競技でも活躍する選手が多数出場する本部門。... 詳細はこちら

【あわやハーフ29の快スコアか。8バーディ奪取の幸田彩里がトップ発進】
取りも取ったり、8バーディ。幸田彩里が圧巻のゴルフでトップに立った。スタート1番、最終18番ホールのボギーでサンドイッチされた2番から17番はバーディがてんこ盛り状態だった。

5番(パー5)でピ...
詳細はこちら
【政田夢乃が日本タイトル獲りに好発進】
政田夢乃が5バーディ・ノーボギーの5アンダーパー66をマークし、首位と1打差の2位につけ、好スタートを切った。もともと「ショートアイアンが得意で」、この日は「ドライバーショットがあまり良くなかったが、... 詳細はこちら
【3連続バーディの後3連続ボギー。苦笑いの岩井千怜が2打差の3位に】
昨年の全国中学校ゴルフ選手権春季大会を制した岩井千怜が首位と2打差の3位と好スタートを切った。笑顔を見せた岩井だが、その表情は苦笑いといったところ。10番ホールからティーオフして11番から3連続バーデ... 詳細はこちら
【優勝候補たちの意外な出遅れ】
今大会には、昨年の日本女子アマ優勝者の安田祐香、今年の同アマ・チャンピオンで日本ジュニアとの年間両大会制覇のぁかる吉田優利はじめ、国際競技経験豊富な西村優菜、佐渡山理莉らの強豪が出場している。優勝候補... 詳細はこちら
【女子15~17歳の部の第1ラウンドがスタート】
2018年度(第24回)日本ジュニアゴルフ選手権女子15~17歳の部の第1ラウンドが、埼玉県川越市の霞ヶ関カンツリー倶楽部・東コースでスタートした。

すでに女子プロゴルフツアーでも活躍する選手た...
詳細はこちら
ページトップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約