JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【政田夢乃がパッティングに苦しむも首位に並ぶ】
第2日 競技報告:JGA 写真:Y. Watanabe
政田夢乃が2バーディ、2ボギーのパープレー71で回り、通算5アンダーで吉田優利と並んで首位に立った。10番ホールからスタートし、「前半はパットが入らず」耐える展開だった。14番で「1メートルもないパットを外して」ボギーにしても「怒ったり、感情を表さないようにして」平静を保った。前半を1オーバーパー36で回った後、1番でバーディを奪い、スコアを獲り戻す。だが、4番(パー3)ではティーショットを左手前のバンカーに入れ、そこから2メートルに寄せるもそれを外してしまった。この日は本人が「パットが全然入らなかった」、「パットが入らなかったので、スコアを伸ばせなかった」と繰り返し言うほど、パットに苦しんだ
。原因は「ストロークではなく、ラインの読みがわからなかった」と霞ヶ関カンツリー倶楽部のグリーンに悩まされた。

救われたのは6番ホールだった。一緒に回る前日首位の幸田彩里が先に下りのパットを打ってショートしたのを見て、「結構打っても平気なんだ」と思って強めに打ったところ、入ってバーディとした。これで再びスコアをイーブンパーに戻し、そのままホールアウトした。「最低でもパープレーで回りたいと思っていたので、何とか6番ホールでバーディが獲れてよかった」という値千金のバーディパットだった。

「優勝したい」気持ちは強いが、「相手を意識過ぎないように本来の自分らしいプレーで、アンダーパーで回れたらいい」と最終ラウンド、自身初の「日本」タイトルに挑む。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約