JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【幸田彩里はショットメイクに苦しみ3位に後退】
第2日 競技報告:JGA 写真:Y. Watanabe
第1ラウンドで65をマークして単独首位に立った幸田彩里。昨日のプレーは、いわゆる”ゾーン”に入ったことを感じるほどの会心の出来だったが、2日続けて”ゾーン”を体感できることができなかった。それは、コース内を吹き抜ける風に起因するショットの不調によるものだった。

スタートの10番から8ホールはスコアカード通りのプレーだったが、その内容は「パーオンができずに、アプローチでしのいで拾っていた」と苦戦。18番では2打目を池に打ち込むミスでスコアを落としてしまう。それでも「18番はナイスボギーでした」と気落ちせずに迎えた1番で4メートルをねじ込んでバウンスバックを決めてみせた。しかし4番(パー3)
、5番(パー5)と連続3パットで2ボギーを叩いてしまったのが悔やまれる。「風の中で、自分のスウィングが出来ず…思い切り振り抜けなかったのが良くなかった」と、2オーバーパーのこの日のラウンドを悔しがる。とはいえ、幸田は首位と1打差の3位とまだまだ逆転優勝を諦める位置に沈んだわけではない。

「東コースは、ハマったら好スコアが出ます。今日のような風が吹いたら難しくなり、我慢の1日になるかもしれませんが、バーディチャンスを活かしてスコアを伸ばして優勝争いをしたい」と、気持ちを奮い立たせる。昨日の”ゾーン”の心地よい集中を経験した幸田は、それを再びと表情を引き締めていた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約