JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【出遅れがたたった安田祐香は66の猛追も4位止まりに】
第3日 競技報告:塩原義雄 写真:Yoshitaka Watanabe
スパートをかけるのが遅かった。実力者の安田祐香は、最終ラウンドに66と猛追したが優勝争いに絡むことはなく3打差の4位に終わった。悔やまれるのは通算イーブンパーと足踏みした第1、第2ラウンドのスコアだ。安田は、この2日間を、こう振り返った。
「他の人は、どう感じたのか知りませんけど、私は難しいコースだな…と感じていました。だから、2日間でイーブンパーならまずまずかなってところでした」。
最終ラウンドになってドライバーショットの安定度が増した。風の中でも、ほとんどラフにつかまることなく、フェアウェイを確実にとらえていた。これは、何かきっかけがあったわけではなく、リズムがよくなってのことだったと
いう。

意識して変えたのは、パッティングだった。「イメージよりもグリーンが重くてショートしがちだったので、あと40~50センチ長く転がるように、強めにヒットするということです。そうしたらパットが決まるようになって6バーディもとれました。正直、このコースでこんなスコアが出るとは思っていなかったので、納得できる結果ではありませんが、満足できるゴルフはできたと思っています。それと優勝争いの組でのプレーではなかったので、気分的に楽でした。それも。このスコア(66)を出せた理由だと思います」。

安田には、この後、アイルランドでのエスピリトサントトロフィー世界女子アマチュアチーム選手権が控えている。「そちらに全力投入します」と、早くも気持ちを切り替えていた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約