JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【澁澤は追い上げも一歩及ばず2打差3位に終わる】
第3日 競技報告:JGA 写真:Yoshitaka Watanabe
首位と2打差の4位タイから逆転を狙って最終ラウンドをスタートした澁澤莉絵留。最後の日本ジュニアに賭ける思いを表現するかのように連続バーディで最後の18ホールの幕を開いた。「出だしで2バーディを獲れて、良い流れに乗ることが出来た」と振り返る澁澤は、6番でボギーを叩いたものの、8番(パー5)では3打目をバックスピンで直接放り込むチップイン・イーグルを決めて最終組でしのぎを削る吉田と政田と1打差に詰め寄る。9番ではアプローチを寄せきれずピンチを迎えるが、これをねじ込んで見せる。

しかし、ハーフターンの休憩中に最終組のスコアを知り、「焦りが出たのかも」と10番でボギーを喫してしまう。13番でもス
コアを落とした澁澤は、優勝争いから脱落したかに思われた。しかし、バーディを獲りたいと思っていた14番(パー5)で計算通りのスコアで収めたことで再び澁澤にスイッチが入る。16、17番の連続バーディで優勝争いの一角に食い込んで迎えた最終18番。3連続バーディを狙った澁澤に第1ラウンドの出来事が思い起こされた。「第1ラウンドでは、2打目をグリーンサイドの池に入れてしまって…少しその時のイメージが残っていたのかも」とバーディチャンスにつけたい2打目を前に負のイメージを拭い去ることが出来ずにボギーフィニッシュ。「今思えば、ピン左に安全に打っておけばよかった」と悔やむ1打は、澁澤の初優勝を霧散させてしまった。

ホールアウト後、努めて冷静に話をしてくれた澁澤は、「でも最終ラウンドでスコアを伸ばせてよかった」という言葉を発したあと、こみ上げる涙をこらえているように見えた。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約