JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
Championship Reports
競技報告
【「ビビらず攻めのプレーを」監督の一言を胸に67をマークした稲田】
第1日 競技報告:JGA 写真:JGA
初出場の昨年大会でカットに終わったリベンジを期す稲田愛篤は、1番ティーインググラウンドに向かう直前、監督から声をかけられた。「ビビらずに攻めろ」。短い言葉はしかし、稲田の心に確実に届いた。スタートホール。9番アイアンのセカンドショットを1メートルにつけてバーディ発進に、「気持ちよくスタートが切れました。そこで監督からいただいた言葉とおり、攻めに攻めよう」と気持ちを固めた。6番(パー3)では8番アイアンのティーショットがあわやホールインワンというスーパーショットでバーディ。9番(パー5)も計算通りスコアを伸ばす。

しかし、後半「10番からグリーンのスピードが少し早くなっているように感じて…」とチャンスにつけながらも、ものに出来ないもどかしい展開が続く。それでも腐らずに17番までスコアカード通りのプレーを続けた稲田。最終18番で45ヤードのセカンドショットをウェッジで1メートルにつけてバーディフィニッシュに導いたのも監督の一言が胸にあったからだろう。
「ショットの出来には、満足しています」と笑顔を見せる稲田だが、「もっとスコアを伸ばせたと思う。8アンダーパーぐらいは出せる内容だった」と、67の4アンダーパーに終わった1日には満足できない。「今年は、攻めに攻めたい」その先に、優勝という二文字があることを信じて、稲田は前だけを向く。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約