JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
Championship Reports
競技報告
【日本学生初出場の吉行直人が-6の好スタートを切る】
第1日 競技報告:JGA 写真:JGA
吉行直人は本選手権初出場ながら「緊張することもなく、程よい緊張感の中で集中してプレーすることができた」と6アンダーパー65をマークして、首位と2打差の3位につけた。2番ホールで2メートルのバーディパットを決めると、4番では8メートル、6番2メートル、7番4メートル、9番は10センチと次々とバーディを奪い、前半は5アンダーパーの31で回った。

後半もこのままスコアを伸ばし続けたいところだったが、風が吹き始めたために「風の読み間違いで苦戦した」となかなかスコアを伸ばせなかった。逆に14番ホールでは1メートルのパーパットを外してしまい、ボギー。15、16番とバーディを獲って盛り返すも17番で再び1メートルのパーパットを外し、ボギーとしてしまった。

それでも最終18番ホールではきっちり3メートルのバーディパットを沈め、気分よくホールアウトした。「パットが良かった。ショートパットを外したところは、傾斜が強くて」仕方ない部分もあり気にしない。「今日は目標をパープレーに設定したのでうまくいきました。飛距離が出るほうではないので、フェアウェイに置いてチャンスを作る」プレースタイルで好結果に結びつけた。好位置でのプレーに明日も「スコアを意識せず、アンダーパーで回ることに徹底したい」と自分のコースマネジメントに徹する。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約