JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
Championship Reports
競技報告
【3位タイに浮上した安森は「日本アマの分も」と意気込む】
第2日 競技報告:JGA 写真:JGA
安森一貴は「ドライバーが曲がっていたけど、林に入っても前が開いていてピンを狙うことができた。運が良かった」と6バーディ・ノーボギーの6アンダーパー65で回り、通算10アンダーパーで3位タイに浮上してきた。スタート前は「トップのスコアが8アンダーパーだったので、67以上で」回ることを目指した。「パットが入ってくれて波に乗れた。うまく6アンダーパーで回れた。明日もこの調子で行きたい」とこの位置はほぼ狙っていた通りの結果だ。

日本アマのころから右手首の腱鞘炎が痛みだし、練習を控えていた。この大会に向けて練習を再開できたのは今月に入ってからだった。大会までに時間がないなりに調整を続けてきた安森だった。今年の日本アマは台風の影響により競技不成立となり、残念な思いをした。それだけに「その分」日本学生にかける思いは強い。「力まずに頑張ります」と第3ラウンドへ臨む。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約