JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
Championship Reports
競技報告
【古川雄大が2位後退も粘りのプレーで3つスコアを伸ばす】
第2日 競技報告:JGA 写真:JGA
前日8アンダーパー63をマークした古川雄大は「昨日良かっただけに難しい入り方だった」とこの日は10番からのスタートで、ボギーこそ叩かなかったものの「バタついた」スタートだった。13番まで毎ホール2メートルのパーパットを残し、このきわどいパットをことごとく沈めてパーでしのいだ。さらに14番ホールではティーショットを林の中に入れ、第2打は出すだけでピンチを迎えた。しかし、そこから30ヤードのアプローチをピンの根元に寄せて、パーで切り抜けた。これで「アプローチに自信を持てた。グリーンを外してもパーを拾える」と、ショットは曲がり気味でもスコアメイクに手ごたえをつかんだ。そのあとは17番、後半に回って2
、4番とバーディを獲ることができた。7番ホールまではノーボギーで回ることができたのもアプローチとパットのおかげだった。8番はボギーにしたものの、最終の9番ホールでバーディを奪い、この日は3アンダーパー68で回り、通算11アンダーパーとして首位と1打差の2位だ。

「パーオンしたのは10回くらいなので、このショットの調子では上出来のスコア」という。「オーバーパーにはしたくなかった」ので、最低限の目標はクリアだ。前日は「ほぼ完ぺきなゴルフ」で8アンダーパーだっただけに、「昨日のようにうまくはいかなかった」というのは仕方ないところだろう。人間だれしも昨日はできたのに、今日はなぜできないのか、と思ってしまう。決して悪い内容ではないのに、悪く感じてしまうのだ。そして、調子が悪くないのにおかしいと感じて、スウィングをいじってみたり構えを変えてみたりして、自ら調子をおかしくしてしまうことがある。彼はそうした悪循環に陥らずに済んだ。

相手は第2ラウンドに「60」の好スコアをマークした桂川有人だ。彼も明日は同じ思いをするかもしれない。古川にとっては、逆転するチャンスも生まれるか。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約