JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
Championship Reports
競技報告
【桂川有人は勝負と読んでいたパッティングが決まり60の大躍進】
第2日 競技報告:JGA 写真:JGA
会場内に衝撃が走った。桂川有人が11アンダーパー「60」で回ったニュースは、たちどころに選手、大会関係者の知るところとなった。「60」はもちろん自己ベストスコアだ。前日のスコアは1アンダーパー70で、「昨日トップの選手や上位の選手がスコアを伸ばしていて、こんなにスコアが出るコースかな」とびっくりしていたという。

そこでこの日は「最低でも3つ、4つは伸ばしていかないといけない」と思ってスタートした。1番を幸先よくバーディを獲ると、2番(パー5)では2オンを逃したものの、左奥のカラーから7~8メートルをパターで打った第3打がカップインしてイーグルと好スタート。さらに、5、6、8、9番とバーディを奪い、前半は7アンダーパーの29をマークした。

後半は10番でまずバーディ、11番は第2打をグリーン右に外し、ピンが右端に切ってあり、寄せるのが難しいアプローチが残り、結局ボギー。続く12番をバーディとするも14番ではパーオンしたものの9メートルから3パットしてボギーと、必ずしも順調にスコアを伸ばせたわけではない。「パットが入ってくれた。グリーンセンターを狙って、パットが勝負」と思っていた。5~6メートルくらいのバーディパットを次々と沈めていき、15番から4連続バーディを奪った。最終18番のバーディパットは2メートルほどだったが、気が付けば「手が震えていた」。言い知れぬ緊張感に襲われたが、見事にこのパットも沈めた。

「今日はパットをイメージ通りに打てた。途中でいけるんじゃないか」と思ったという。1イーグル・11バーディ・2ボギーで25パットというゴルフの内容だった。試合前では「優勝スコアが2ケタに行くかな。1日3アンダーパーで4日間で12アンダーパー」というのが彼の目標設定だったが、早くも2日目でそのラインに到達した。「明日も伸ばさないといけないとは思いますが、冷静に自分のゴルフに」徹する。第3ラウンドを終わって優勝を争える位置にいることが大事だ。特にビッグスコアを出した翌日というのは、プロでもスコアを伸ばせないことが多い。彼にとっては要注意なラウンドになりそうだ。注目したい。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約