JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
Championship Reports
競技報告
【「ケアレスミスを減らせば明日もいける」安森一貴】
第3日 競技報告:JGA 写真:JGA
安森一貴は「昨日ドライバーを練習して、今日はフェアウェイをとらえる回数が多かった。曲がり幅も収まってきた」と2番(パー5)で2オンに成功し、3メートルの上りのフックラインのイーグルパットを決め「いい感じで」スタートしていくことができた。続く3番(パー3)ではグリーンを外し、アプローチをミスして「もったいない」ボギーを叩いたが、すぐさま4、5番でバーディを獲って盛り返すことができた。

後半さらに10、11番と連続バーディを奪って、通算15アンダーパーまでスコアを伸ばした。最終18番では下りの7メートルのバーディパットを「入りそうだったので狙っていった」ところ、ボールはカップを3メートルほどオーバーしてしまった。その返しのパーパットを外し、ボギーとしてしまい、通算14アンダーパーの2位タイでフィニッシュした。

「もう少しスコアを伸ばせた。ケアレスミスを減らせば明日もいける」と首位と4打差はあるものの「優勝を意識せず」いつも通りのプレーができれば、結果はついてくるかも。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約