JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
Championship Reports
競技報告
【桂川有人は一歩後退も「まだ明日がある」】
第3日 競技報告:JGA 写真:JGA
前日首位の桂川有人は「前半はショットの調子がまぁまぁよくて、パット勝負と思っていて、よく入ってくれていい流れで」いけた。10番ホールまでに4バーディを奪い、通算16アンダーパーまでスコアを伸ばした。しかし、「途中からショットが曲がりだし、うまくいかなくなった。やはりショットが曲がると難しい」と12番(パー3)ではグリーン右奥に外し、そこからアプローチを1.5メートルに寄せたものの、そのパットを外しボギーに。さらに15番ではティーショットを左に林に打ち込み、2打目は出すだけで3オン・2パットのボギー。結局通算14アンダーパーで首位の富本虎希と4打差の2位タイになった。

この日は最終組でのプレーだったが「スコアは考えないようにして、淡々とプレーしてバーディを4つ、5つ獲って、4アンダーパーか5アンダーパーで回れればいい」と考えていたが、「最後のほうは思うようにいかなかった」という結果になった。「全体的にショットがバラバラ」だったことが、昨日までのようにスコアを伸ばすことができなかった要因だ。

しかし、桂川は「まだ明日がある」と気落ちした様子はなかった。ここまでくれば「優勝しかないと思うので」勝ちに行く。「4アンダーパー、5アンダーパー」を目指して、逆転優勝を狙う。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約