JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
Championship Reports
競技報告
【富本は連日の自己ベスト更新も「スコアの伸ばし合いは苦手」と苦笑】
第3日 競技報告:JGA 写真:JGA
昨日の64を1ストローク更新する63の8アンダーパーをマークして単独首位に立った富本虎希。連日驚異的なスコアが続出する今大会の中で、3日間60台をマークし続けているが、自身は「スコアの伸ばし合いは苦手なんです」と苦笑いを見せた。そんな富本だが、ムービングデーにベストスコアを叩き出してみせる強さを感じさせる。

自己ベスト更新のホイッスルは、2番(パー5)。2打目をグリーン手前のバンカーに打ち込んだものの、1メートルに寄せてバーディ。これを皮切りに、4番で3メートル、7番で5メートルを決める。9番(パー5)からは4ホール連続でバーディを積み重ねた。16番(パー3)は、172ヤードのティーショットを8番アイアンでピンを刺してこの日、8つ目のバーディを奪取。林がせり出す飯能ゴルフクラブでこの3日間、果敢にドライバーを振り続ける富本の攻めのプレーと、好調なパッティングが好スコアを支えている。

「ドライバーは、昨日同様、調子いいですね」と屈託ない笑顔を見せる富本。それに加えて、パッティングも好調ならば、鬼に金棒だろう。今日のラウンドでは、「2番でバーディを先行できたことと、6番のパーセーブ」がポイントだったと振り返る。167ヤードのパー3はパーオンを逃したものの、3メートルをねじ込んでのパー。上位選手が台風20号の接近による風のジャッジに手こずりスコアを伸ばせない中、「自分は沖縄出身ですから。風の中のプレーは得意なんです」と話す富本を天候も敵ではなかった。

本来は、「難しい状況でもパーをセーブする我慢強いプレー」が自分のプレースタイルだというが、明日は、更に風も強まる予報もあり、まさに富本にうってつけの状況になりそう。「まずはドライバーでフェアウェイをしっかりキープして。チャンスにつけば、ものにできるように。優勝を考えず、オーバーパーを打たないように」と目論む富本。明日の最終ラウンド、富本にとって神風が吹き、思惑通りに優勝杯を手にすることができるか。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約