JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
Championship Reports
競技報告
【桂川はフェアウェイキープ最優先が逆転劇につながる】
第4日 競技報告:JGA 写真:JGA
桂川有人が「自分のプレーに集中して、バーディを獲っていこうということではなく、フェアウェイにティーショットを打ち、グリーンに乗せて、パットが入ってくれれば」というゴルフを展開して、通算15アンダーパーで逆転優勝した。

「ドライバーは調子が悪かったので、1回しか使わなかった」とティーショットではフェアウェイウッドで徹底的に刻んだ。「フェアウェイに行けばチャンスを作れる。うまく回れた」と振り返った。1番はボギースタートだったものの、2、5番でバーディ。6番ボギーの後7番でバーディを奪い、前半は1アンダーパー35で回り、首位の富本虎希が2オーバーパー38とスコアを落としていたので、スタート前に
あった4打差が1打差にまで縮まっていた。

後半に入って桂川が10番ボギー、富本が11番ボギーのあと、桂川が14番でフェアウェイから7番アイアンでの第2打をピン2メートルにつけてバーディを獲り、ついに首位をとらえた。16番では富本がボギーを叩き、桂川が1打差の単独首位に躍り出た。それでも「相手がバーディを獲ってきたら仕方ない。無理に攻めずに最後はプレーオフでもいい。」と冷静さを失わなかった。17、18番とパーを重ね、1打差で振り切った。

「日本学生、日本アマに勝ちたいと思っていた。一番勝ちたい試合に勝てて、ほっとしています」と優勝の味をかみしめていた。これで日本大学勢としては、阿久津未来也、清水大成に続いて3年連続の優勝となった。「将来は世界で活躍する選手になりたい」と目標を語ってくれた。すでに昨年のアジアンツアーのリゾートワールド・マニラマスターズに出場し、通算12アンダーパーで17位タイに入り、ローアマチュアに輝く成績を残している。今回の優勝で9月のアジアパシフィックオープン・ダイヤモンドカップ(武蔵CC笹井C)にも出場できる。自ら掴み取ったチャンスを活かし、大いに活躍してもらいたい。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約