JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【2016年のチャンピオン、庄司由は6位タイ】
第1日 競技報告:JGA 写真:JGA
庄司由はこの日、4バーディ・4ボギー・1ダブルボギーの2オーバーパー74としたが、首位とは3打差の6位タイと上位につけた。「このコースは難しいし、ホールロケーションも厳しかった。パー75と思っていた」ので74というスコアは「最高」だった。寒かったうえ、練習ラウンドのときより西寄りの風に変わったため、「練習ラウンドではフォローの風が吹いていた距離の長いホールがアゲインストの風に」変わっていたため、苦戦を強いられた。それでも「池に入れた9番ホール以外はいい感じだった」と自分のプレーに手ごたえを感じていた。

ひとつ不安材料があるとすれば、腰ぐらいか。「寒かったこともあるが、たぶん緊張していて筋肉が痛む」と腰を押える。「マッサージをしても気休め」程度だそうだ。

彼にはそれを克服できる実績がある。2016年大会で初優勝。昨年は大会史上2人目の連覇を狙ったが、優勝した井上貴弘とは4打差の4位タイに終わり「悔しい思いをした」。今年はそのリベンジを狙うが、気負いすぎても結果が良くないことは多い。「一打一打集中して、その結果が良ければ」とひそかに爪を研ぐ。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約