JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【豊島豊が3年ぶり2度目の優勝を狙う】
第1日 競技報告:JGA
2015年の優勝者、豊島豊はただ一人アンダーパーで回り、「よかった」と安堵の表情。「パー3は難しいし、ショットをグリーンにとめるので精いっぱい。ティーショットでラフに入れるとシビア。小野は広くないし、距離の長いホールでラフに入れてしまうと、僕は飛距離が出ないのでグリーンを狙えない」。実際、470ヤードの13番(パー4)ではティーショットを左にミスして、ラフに入れてしまった。グリーンまでの距離は240ヤードも残ったため「無理に狙うよりは」とグリーン手前50ヤードの距離に刻み、そこから寄せて見事にパーをセーブして見せた。「まだ第1ラウンド。ある程度徐行運転で丁寧に」プレーした結果だった。

本選手権で複数回優勝しているのは、現在プロフェッショナルゴルファーとしてシニアツアーで活躍している田村尚之が3回(2002、2003、2010年)、田中政佳(2006,2011年)と高橋雅也(2008,2014年)がそれぞれ2回と、その3人だけである。それだけに「自分の年齢(41歳)で出場できるカテゴリーでは、この大会が一番優勝したい」と2度目の優勝に意欲を見せる。

飛ばし屋が有利なコースよりは小野ゴルフ倶楽部のようにショットの精度やコースマネージメントが問われるコースのほうが自分にチャンスがあると思っている。第1ラウンドで好スタートを切っただけに、その可能性は高まったといえる。明日の第2ラウンドでも冷静な判断で上位をキープし、2度目の戴冠に大きく前進したいところだ。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約