JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【-1をマークした豊島豊が単独首位に】
第1日 競技報告:JGA
25歳以上の男子アマチュアゴルファー日本一を決める「2018年度(第23回)日本ミッドアマチュアゴルフ選手権」は14日、兵庫県小野市の小野ゴルフ倶楽部で135人の選手が出場し、第1ラウンドが行われた。

早朝こそ快晴の天気だったが、9時過ぎには曇りはじめるともに風が吹き始め、選手には肌寒く感じる厳しいコンディションになった。上田治氏設計の小野ゴルフ倶楽部のコースの難しさに加え、ホールロケーションにも多くの選手が苦しんだ。

その中で2015年チャンピオンの豊島豊が3バーディ・2ボギーの1アンダーパー71をマークし、単独首位に立った。1打差2位タイにはイーブンパーの坂輪成章、水上晃男が続き、さらに1打差の1オーバーパーの4位タイに儀保和と宮本太郎の2人につけた。ディフェンディングチャンピオンの井上貴弘は7オーバーパー79で46位タイと出遅れ、連覇に黄色信号が灯っている。

本選手権の情報は、公式フェイスブックでもご覧いただけます。
JGA公式フェイスブックはこちら

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約