JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【九州ミッドアマチャンピオン儀保和は、6位タイに後退】
第2日 競技報告:JGA 写真:JGA
今年の九州ミッドアマチュアゴルフ選手権で4人によるプレーオフを制し、その勢いで本選手権初優勝をと目論んでいた儀保和。しかし、2打差の4位タイからスタートしたこの日は、2バーディ・3ボギー・2ダブルボギーの5オーバーパー77を叩き、通算6オーバーパーの6位タイに後退してしまった。

10番ホールからスタートし、前半は1バーディ・2ボギーと耐えていた。ハーフターンした後の1番(パー5)で残り100ヤードの第3打がバックスピンでグリーンからこぼれ、傾斜もあってボールは結局50ヤードのところまで戻ってきてしまった。第4打はピン奥3メートルにつけたものの、下りのパーパットを2メートルオーバーしてしまい、その返しのパットも外し、痛恨のダブルボギーとしてしまった。ここから「リズムを悪くしてしまい」続く2番ホールもボギー。7番でバーディを奪ったのももつかの間、8番(パー3)ではグリーン右手前に外し、ボールは砂利道にとまった。ライが悪く、このアプローチをミスして、ボールは斜面を転がり、戻ってきて、あわや池に入る寸前で止まった。結局3オン2パットでこの日2つ目のダブルボギーになってしまった。

「何もいいことはなかったな」と苦笑する。「風が読めなくて、ショートすることが多かった」と嘆く。首位とは8打差と開いてしまい、優勝は難しくなってしまった。それでも「謙虚にやらないとバーディは獲れない。8番と18番に仕返しをしないと」気持ちを前に向ける。18番は2日間ボギーで、8番に至ってはボギーとダブルボギーだ。なんとか明日は小野ゴルフ倶楽部を攻略してほしい。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約