JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【通算±0で豊島豊が大会史上3人目の完全優勝を果たす】
第3日 競技報告:JGA 写真:JGA
25歳以上の男子アマチュアゴルファー日本一を決める「2018年度(第23回)日本ミッドアマチュアゴルフ選手権」は16日、兵庫県小野市の小野ゴルフ倶楽部で最終ラウンドが行われた。

朝からコースには濃霧が立ち込め、1番ホールスタートが60分、10番のスタートが75分遅れたものの、その後天候は回復し、プレーは順調に進行した。

第1ラウンドから首位を走る豊島豊が前半を終えて4打のリードをキープ。後半に入りそのまま優勝かと思われたが、2位の水上晃男が12、16番でバーディを奪い豊島を追う。逃げ切りたい豊島だったが12、15番でボギーを叩き、両者が16番を終えて通算1オーバーパーで首位タイに並
んだ。両者は、そのまま18番ホールに突入。水上が先に約2メートルのバーディパットを外したのに対して、豊島が1.5メートルのバーディパットを決め、通算イーブンパーで優勝を決めた。豊島は2015年大会以来2度目の優勝を、大会史上3人目(5回目)の完全優勝で華を添えた。

本選手権の情報は、公式フェイスブックでもご覧いただけます。
JGA公式フェイスブックはこちら


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約