JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【水上晃男は一時首位に並ぶも一歩及ばず】
第3日 競技報告:JGA 写真:JGA

水上晃男は第1ラウンドから首位を走る豊島豊と終盤並ぶも一歩及ばなかった。豊島と4打差でスタートした水上は、「前半で2個、後半で2個」差を詰める目標をたてた。
2番でピン右奥3メートルのバーディパットを決め、豊島が6番でボギーを叩いて、予定通り2打差まで詰め寄った。が、7番で水上はラフからの第2打がフライヤーでグリーン奥にこぼれボギー。続く8番は2人ともボギーの後、9番で豊島がバーディを獲って、スタート時点の4打差に戻ってしまった。

それでも水上はあきらめなかった。12番でバーディを獲ると、豊島はそのホールでボギーを叩き、一気に再び2打差に迫った。さらに豊島は15番でもボギーを叩き、1打差に。そして16番では水上がグリーン手前から8ヤードのアプローチをチップインして、バーディを奪い、ついに豊島をとらえた。

17番は水上がティーショットをバンカーに入れるも2メートルに寄せ、ここをパーで切り抜けた。並んだまま迎えた18番ホール(パー4)。第2打を先に打ったのは水上だった。残り145ヤードを9番アイアンで打ち、ボールはカップのそばに着地して、奥に少し転がって約2メートルのバーディチャンスにつけた。あとから打った豊島も負けじとピン手前1.5メートルと水上より内側につけてきた。しかも上りのラインを残したので、水上はバーディパットを入れるしかなかった。

しかし、水上は下りのラインで「フックを読みすぎて」ボールは無情にもカップに沈まなかった。「ストレートに打てばよかった。流し込もうと思った」と悔やまれるパットとなった。一方、豊島はほぼストレートのバーディパットを決めて、優勝した。

水上はスタート前に4打差があったので「2007年にここで行われた時の優勝スコアが3オーバーパーだったので、それを上まわろう」と思っていた。通算1オーバーパーでホールアウトしたので、その目標はクリアした。だが、「最後入れていれば…」と1打に泣いた。今年関東ミッドアマチュアゴルフ選手権競技を制したが、「日本ミッドアマ」には届かなかった。この悔しさを来年晴らしてほしい。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約