JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【木村太一の初優勝の影には、仲間の助けと母の願掛けが】
第4日 競技報告:三田村昌鳳 写真:Y. Watanabe
木村太一が、混戦から抜け出して、通算10アンダーパーで見事に優勝した。最終ラウンド、前半を折り返して、中島啓太が10、11、12番と連続バーディを獲り、通算9アンダーパーで並んだが、木村はその後も安定したプレーを見せて、16番でもバーディを奪って、通算10アンダーパーでホールアウトした。中島は、後半に崩れて2打差の2位となった。
木村は、今年の中部アマにも優勝している。けれども決して順調に成長してきたわけではない。昨年11月の文部科学大臣杯では、優勝できず、惜しくも2位になっていた。彼にとって、この敗退が、大きな分水嶺だったといえる。「もう勝てないんじゃないか」という苦悶の日々もあった。精神
的にも技術的にも、大きな壁が立ちはだかっていた時期がある。その悶々と過ごしている時期に、小野コーチともじっくりと話し合い、また寮の仲間たちの明るさにも助けられていた。そして、今年の3月から母校である日大ゴルフ部のコーチ役となった内藤雄士プロコーチのアドバイスにも助けられたという。
「ほんとに、いろんな人に助けられました。内藤コーチには、アドレス時の肩甲骨のポジションを矯正してもらって、インパクトでの詰まりがなくなりました」と言っていた。

第1ラウンドで64のコースレコードだした木村は「実力以上のスコアが出てしまっているので、明日からどうしよう」と言うほどの謙虚さと、有頂天にはなりにくい性格の持ち主なのだろう。それが、64、71、72の通算6アンダーパーで迎えた最終ラウンドのスタート前に「優勝スコアは、通算11アンダーパーかなと想定していました。それには66で回る必要があったのですけど、そこまで意識すると窮屈になるので、“とりあえず”通算11アンダーパー目標で、と考えました」と言った。
3番(パー5)で値千金のイーグル。残り190ヤードから5番アイアンで攻めて、3メートルのスライスラインを入れてのイーグル。そして5番(パー3)では6番アイアンで2メートルにつけてのバーディ。6番はボギー。そして8番、バーディ、9番、ボギーの2アンダーパー。通算8アンダーパーで折り返した。
「この時点では、まだ優勝は意識していませんでした。いや、片隅にはあったかな」と素直に話す。そして後半、11番(パー5)は、2オンを狙わず「刻んで、残り100ヤードを3メートルにつけてバーディにしました」そこで、猛追する中島啓太と並ぶことになる。その後、木村は、ずっとパープレーのゴルフが続いた。一方、中島は、3連続バーディのあと2連続ボギーでスコアを落として通算7アンダーパーとなっていた。

難しい16番(パー4)で中島はバーディをとれず、逆に、木村はそこでバーディとして勝負の行方が鮮明になった。最終ホール。パー5。木村は、バーディが狙える距離だった。それを外したのだが「(緊張の中で)外しても優勝できる」と思って打ったそうだ。「18ホール。ともかくパーパットがいちばん緊張していたと思います。ともかく、ホッとしました」と語った。優勝カップを持った撮影が終わったあと、日大ゴルフ部の仲間たちから、胴上げされていた。彼らは、みんな木村の苦悩の時期を目の当たりに見ている仲間たちである。そういえば、最終ラウンドの前日、木村の母親は、ひっそりと伊勢神宮へ祈願へ行っていたという。「これからは、この優勝で実力を過信しがちなところを、ちょっと自重して、またがんばります」と嬉しそうに語っていた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約