JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【「スウィング修正が間に合いました」という與語優奈は1打差の2位】
第1日 競技報告:塩原義雄 写真:Y.Watanabe
首位に立った手塚彩馨は148センチの小柄。1打差の2位につけた與語優奈は対照的に165センチの長身選手だ。4アンダーパー69のホールアウトに、本人が一番驚いていた。それというのも「このところ、ずっとショットもパッティングも調子が悪くて、なかなかスコアをつくれなかったんです」というゴルフが続いていたからだった。日本ジュニアに合わせて、懸命の修正にも取り組んできた。

「なかなかまっすぐに飛んでくれなかった」というドライバーショットでは、アドレスでの体の向きと、バックスウィングでの重心移動をテーマにしていた。「特にバックスウィングで、しっかり右足に体重を乗せられるように調整しました」。第1ラウ
ンド、不安だったドライバーショットが曲がることはなかった。「久しぶりに狙ったところにまっすぐ飛んでくれました」。パッティングは、距離感にずれが生じていたという。だから、しっかりとタッチを合わせる練習に取り組んできた。

「おかげで、距離感が合ったホールのバーディパットは、気持ちよく決まってくれました」。

こうした修正が、この日の6バーディ・2ボギーという内容につながった。「目標は、とにかくアンダーパーだったので、第1ラウンドの結果に満足、ゴルフの内容に納得です。間に合ってよかったです。このゴルフを続けられるなら、優勝を狙いたくなります」。
驚きは、熱望へと変わっていった。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約