2019年度(第52回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Facebook
Championship Reports
競技報告
【畑岡奈紗が-18で2年振り3度目の戴冠を果たす。ローアマチュアは梶谷翼が獲得】
第4日 競技報告:JGA    写真:Y.Watanabe

2019年度(第52回)日本女子オープンゴルフ選手権は6日、三重県津市のCOCOPA RESORT CLUB 白山ヴィレッジゴルフコース・QUEENコースで最終ラウンドを行った。初秋とは思えない汗ばむ天候の中で行われたこの日のラウンド。日本一の女子ゴルファーを巡る戦いも、気温と同じ様に熱を帯びていった。通算15アンダーパーの首位タイでスタートした畑岡奈紗と大里桃子。持ち前のショットが不安定な畑岡が3、4番の連続ボギーで一歩後退すると、2打差につけていた岡山絵里、ディフェンディングチャンピオンのユ ソヨンが、首位の大里に肉薄する。しかし、畑岡が4番のバーディで息を吹き返すと、7番から連続バー
ディ。後半も3バーディ・1ボギーと2つスコアを伸ばした畑岡が69でホールアウト。通算18アンダーパーで2年ぶりの3度目の戴冠を果たした。大里は1つスコアを落とし通算14アンダーパーで岡山絵里、ユ ソヨンとともに2位タイに終わった。渋野日向子は1バーディ・1ボギーのパープレーとスコアを伸ばせず、通算9アンダーパーの7位で終戦。なお、梶谷翼が通算6アンダーパーで全体の9位タイに入り、3度目の出場で初のローアマチュアを獲得した。

本選手権の情報は、公式フェイスブックでもご覧いただけます。
JGA公式フェイスブックはこちら



その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約