2019年度(第52回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Facebook
Championship Reports
競技報告
【ローアマチュアの梶谷翼。次の目標は「アマチュアランキング1位になること」】
第4日 競技報告:塩原義雄    写真:Y.Watanabe
高校1年生の梶谷翼が、ローアマチュアのタイトルを獲得した。日本ジュニア(15~17歳の部)に続いてのビッグタイトルに向けて、ボギーが先行する苦しい展開だった。

2位グループに8打差をつけてのスタートだったが、一時は3打差にまで迫られる場面もあった。前半は3ボギーで39。後半に向かいながら、ちょっとだけ笑ってみた。同郷の先輩である渋野日向子のプレーする姿を見て、「自分も笑顔のゴルフを心掛けてみよう。何かが変わるんじゃないか」と、そんなことを考えていたという。それも、うれしい時より、苦しい時こその笑い。果たして、このインターバルでの笑顔は、梶谷にどんなことをもたらしたのか。

「気持ちの
切り替えができました。3ボギーを打って、そこからずるずる後退していくようじゃ不甲斐なさすぎる。後半は、じっと我慢で、最後の18番だけはバーディで締めよう。そう考えをまとめて10番ティーイングエリアに立てました」実際に、その通りの流れになっていった。17番までひたすらパーを続け、迎えた最終18番(パー5)。第3ラウンド同様に第2打の3番ウッドを振り抜くと、打ち出されたボールはグリーンをとらえていった。2パットのバーディでローアマチュア獲得に自ら花を添えた。

「日本ジュニアの後で、“次の狙いは日本女子オープン選手権のローアマチュア”と、密かに狙っていました。それが現実のものとなって、うれしいです。もうひとつ、大きな課題も与えられました。体力的な問題です。こういう大きな試合になると4日間対応できるだけの体力がないことを気づかされました。もっとフィジカルトレーニングの時間を増やしていきます」。

併せて、今後の目標については、こんなことを明かした。「まず日本のアマチュアランキングで1位になること。その次は、世界のランキングで3位以内になって、来年はオーガスタナショナルでプレーさせていただきたいです」。
梶谷の前には、世界への道が伸びている。笑顔で歩いていこう。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約