2020年度(第53回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
FacebookFacebook
Championship Reports
競技報告
【通算-16で原英莉花が本選手権初優勝。岩井明愛がローアマチュアを獲得】
第4日 競技報告:JGA    写真:Y.Watanabe
小祝さくら
「2020年度(第53回)日本女子オープンゴルフ選手権」は4日、福岡県宮若市のザ・クラシックゴルフ倶楽部キング・クイーンコースで最終ラウンドを行った。

早朝の小雨は降り止んだものの、昨日までの秋晴れとは一転、曇り空のもとでのプレーとなったこの日。通算12アンダーパーで単独首位の原英莉花と4打差で追う小祝さくらの最終組での黄金世代対決の第2ラウンドは、ナショナルオープン特有の重苦しい雰囲気で進められた。

スタートの1番でバーディを決めた原に対し、小祝は2番でボギーが先行。直後にバウンスバックを決めるものの、ボギーとバーディが交互にくるもどかしい展開を強いられる。

その間、原も6
表彰式でチャンピオンブレザーに袖を通す原
番でボギー、8番でバーディとスコアを1つ伸ばすのにとどまり、小祝との差を開けない。後半、勝負が動いたのは11番から。

小祝が連続バーディを奪うと、原はそれを上回る3連続バーディを奪取。皇族では、上田桃子、仲宗根澄香、蛭田みな美がスコアを伸ばしたが、追撃及ばず。原がこの日5バーディ・1ボギーの68でホールアウトし、通算16アンダーパーで本選手権初優勝を果たした。

4打差の2位は小祝さくら、さらに4打差の通算8アンダーパーで上田桃子と仲宗根澄香が入賞した。

なお、通算2アンダーパーで全体の14位タイとなった岩井明愛が初のローアマチュアを獲得した。

本選手権の情報は、公式フェイスブックでもご覧いただけます。
JGA公式フェイスブックはこちら

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約