2020年度(第53回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
オープン競技ロゴダウンロード
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
FacebookFacebook
ROUND│4 更新 10/21 16:10
POS Player Score Today Hole Rounds Total Prize
R1 R2 R3 R4
1 原 英莉花 -16 -4 F 68 70 66 68 272 ¥ 22,500,000
2 小祝 さくら -12 -4 F 66 69 73 68 276 ¥ 12,375,000
3 上田 桃子 -8 -3 F 68 73 70 69 280 ¥ 7,143,750
仲宗根 澄香 -8 -3 F 72 74 65 69 280 ¥ 7,143,750
5 蛭田 みな美 -7 -6 F 72 70 73 66 281 ¥ 4,331,250
フルリーダーボード
大会前第1日第2日第3日第4日
DAY4[第4日]
「2020年度(第53回)日本女子オープンゴルフ選手権」は4日、福岡県宮若市のザ・クラシックゴルフ倶楽部キング・クイーンコースで最終ラウンドを行った。

早朝の小雨は降り止んだものの、昨日までの秋...
詳細はこちら

【「戦ってるなぁ…と思えて楽しかった」と初優勝の原英莉花】
揺るぎない優勝だった。ツアー2勝目を日本女子オープンという最高峰のタイトルで飾った原英莉花。4打差をつけて迎えた最終ラウンドも「ストローク差を有利と考えると、相手のプレーを気にしてしまいそう。それより... 詳細はこちら
【逆転ならず2位に終わった小祝さくらは「正直、悔しいです」】
「正直、いまの気持ちは悔しいです」と、小祝さくらは、小さな声で呟いた。振り返れば、第1ラウンドで66。第2ラウンドも69。このまま独走かと思われたけれど、第3ラウンドで1オーバーパーの73。「(敗因を... 詳細はこちら
【上田桃子はスコアを伸ばすも3位タイに終わる】
上田桃子は、スタート前「最低でも3アンダーパー」でプレーしようと心に決めていた。「できることなら、6つ伸ばせれば、上(上位陣)にもプレッシャーをかけることができる」という気持ちだった。ゲームの流れを面... 詳細はこちら
【仲宗根澄香はキャリアハイの3位タイ入賞に笑顔】
仲宗根澄香は、首位と7打差でスタートした。できる限りスコアを伸ばしていかなければいけないポジション。でも「前半は、いつもの自分の感覚でショットが打てなくて、やっぱり自分の動きを見ると緊張しているんだな... 詳細はこちら
【パッティングが冴えた蛭田みな美がベストスコア66で5位タイ】
6バーディ・ノーボギーの66。蛭田みな美は、最終ラウンドのベストスコアをマークした。

4ホールあるパー3で、3バーディ。さぞかしショットが冴えていたのだろうと思ったら「いや、パッティングが冴えて...
詳細はこちら
【ローアマチュア獲得の岩井明愛は「密かに優勝を狙っていたので悔しい」】
初出場の昨年の日本女子オープンゴルフ選手権では94位タイでカットに終わった岩井明愛。

2年連続での挑戦となった今年の大会では、通算2アンダーパーで全体の14位タイとなり見事にローアマチュアを獲得...
詳細はこちら
ページトップ
DAY3[第3日]
「2020年度(第53回)日本女子オープンゴルフ選手権」は3日、福岡県宮若市のザ・クラシックゴルフ倶楽部キング・クイーンコースで第3ラウンドを行った。

早朝は曇り空に覆われた空も徐々に回復。通算...
詳細はこちら

【「今週は、本当に楽しめている」と4打差トップに立った原英梨花】
3打差をひっくり返すのに、それほどのホール数は必要なかった。黄金世代の原と小祝の最終組での直接対決。ともにバーディをとってのスタートで、白熱の戦いが予想されたが、突っ走ったのは原で、一方の小祝は、前日... 詳細はこちら
【逆転されて追う側に立たされた小祝は、最終ホールで意地のチップイン返し】
序盤の3ホールで流れを作り、それに乗れたという原英莉花とは対照的に、小祝は、その序盤で「今日は、流れが悪いな」と感じていたという。決定的だったのが4番だった。本選手権では、最も距離が短いパー3ホールで... 詳細はこちら
【目標はパープレーという吉本ここねが通算-5で3位タイグループに】
9月第3週に開催されたデサントレディース東海クラシックの第1ラウンド。吉本ここねは、66をマークして、首位に1打差の2位タイにつけていた。ところが第2ラウンドでは、76を叩いて一気に34位タイとなった... 詳細はこちら
【3位タイに浮上の上田桃子「明日は大事なものを見失わずに」】
上田桃子は今週、ショットの調子が思わしくない。それをなんとかカバーしながら踏ん張ってきていた。

「朝の練習場で、塩谷(育代プロ)さんが、ずっと練習を見ていたんですよ。私が尊敬している先輩なんです...
詳細はこちら
【攻めのゴルフに転じた仲宗根澄香が一気に3位タイに】
仲宗根澄香は、第3ラウンドで7バーディ・ノーボギーの65をマークして通算5アンダーパー。40位タイから一気に3位タイに躍り出た。前半は、1番(パー5)。4番、7番のパー3でバーディ。後半も、14番は2... 詳細はこちら
【ムービングデーの第3ラウンド。ビッグスコアに期待】
福岡県宮若市のザ・クラシックゴルフ倶楽部キング・クイーンコースで開催されている「2020年度(第53回)日本女子オープンゴルフ選手権」。

第3ラウンドは、優勝杯に近づくために大切なムービングデー...
詳細はこちら
ページトップ
DAY2[第2日]
「2020年度(第53回)日本女子オープンゴルフ選手権」は2日、福岡県宮若市のザ・クラシックゴルフ倶楽部キング・クイーンコースで第2ラウンドを行った。

昨日同様、爽やかな秋晴れの中で行われたこの...
詳細はこちら

【まさか…の4パットも通算-9までスコアを伸ばした小祝さくら】
10番ホールからのスタート。11番でボギーが先行した小祝さくらは、「今日は、どんなことになるだろう」と、不安も先行していた。それが「大丈夫みたい」と切り替わったのが、続く12番(パー5)だった。70ヤ... 詳細はこちら
【原英莉花は16番の3パットで「発火点に火がついた」】
ボギーを打たないゴルフ。それでいてバーディを奪わなければいけない。これほどゴルフゲームで難しいことはない。攻めと守りの機微と忍耐強く粘ることなのだから。

原英莉花は、1番(パー5)でバーディを獲...
詳細はこちら
【1つスコアを落とした上田桃子は「判断の難しいところにいきすぎた」】
1番(パー5)で幸先のよいバーディを奪った上田桃子だったが、2番から6番までがピンチの連続だった。「もうボギーになりそうな状況からようやくパーで凌げたホールが、3ホールくらい続いたんです。

それ...
詳細はこちら
【昨年大会2位タイの岡山絵里が第2ラウンドのベストスコア68で5位タイに浮上】
前半の9ホールは2バーディ・2ボギーと前日の1オーバーパーからスコアを伸ばせないでいた岡山絵里だったが、後半に入って好パットを連発した。「5~6メートルが決まったり、長いパーパットも入ってくれて、本当... 詳細はこちら
【7打差ながら9位タイに浮上の鈴木愛は「パッティングの転がりが良くなってきた」と手応えを掴む】
鈴木愛は、11時19分。午後スタートの第2組でスタートした。
「前半は、すごく良かったです。チャンスについていたんですけど、後半は、グリーンも乾いてきて、スパイクマークも増えてきて、跳ねて全然違うと...
詳細はこちら
【笹生優花が、終盤2ホールで3アンダーパーの荒稼ぎ】
前半は1ボギーで1番ホールにターンした笹生優花は、なかなかバーディチャンスを作れないまま6番を通過した。ここまで通算で2オーバーパー。浮上気配は、突然に訪れた。195ヤードと距離の長い7番(パー3)を... 詳細はこちら
【18番ホールでの上田桃子選手ルーリングについて】
【事実】
球がパッティンググリーンを外れ、ラフの中に止まった。意図するスタンスの場所にスプリンクラーヘッド(動かせない障害物)があり、救済を受けるために障害の状況を確認しようとして球に対してどのよう...
詳細はこちら
【第2ラウンド午前スタートがホールアウト。小祝さくらが通算-9にスコアを伸ばす】
「2020年度(第53回)日本女子オープンゴルフ選手権」第2ラウンドは、午前スタートの組がプレーを終了。2打差2位からスタートした小祝さくらが3つスコアを伸ばし、通算9アンダーパーでホールアウト。注目... 詳細はこちら
ページトップ
DAY1[第1日]
「2020年度(第53回)日本女子オープンゴルフ選手権」は1日、福岡県宮若市のザ・クラシックゴルフ倶楽部キング・クイーンコースで第1ラウンドを行った。

気温23.3度の秋晴れの中で開幕した本選手...
詳細はこちら

【単独首位のイ ナリは「明日からも丁寧なゴルフで」】
秋らしい爽やかな日差しが、早朝のコースを気持ちよく覆ってくれる。早朝7時から第1組がスタートした。この日、イ ナリは、第3組早朝7時27分の10番ホールからのスタートだった。

11、12番と連続...
詳細はこちら
【パッティングのタッチが冴えた小祝さくらが2打差2位に】
小祝さくらは、6バーディ・ノーボギーの66でホールアウトした。誰もが、左右に切られた難しいホールロケーションに苦しむ中、小祝は、気持ちよくそれらを沈めてのプレーだった。

「横のラインは、傾斜もあ...
詳細はこちら
【前半を7バーディ・1ボギーと突っ走った原英莉花は、後半でスコアを落とす】
10番ホールからのスタートでいきなり3連続バーディを奪取した原。13番パー3ホールを3パットのボギーとしたものの、15番から、今度は4連続バーディを決めて、前半の9ホールは6アンダーパーの30と突っ走... 詳細はこちら
【-4で3位タイの上田桃子は「不思議だなあ…」と思いながらのラウンド】
10番ホールからスタートした上田桃子の最初のバーディは12番(パー5)だった。1、2打目と計算通りのショットでピンまで80ヤード地点にボールを置き、そこから1.5メートルにつけた。続く13番(パー3)... 詳細はこちら
【初めてボールにラインを入れてパットが決まったという木下彩は5位タイ】
木下彩は、渋野日向子と同期で、ジュニア時代から仲が良かった。昨年の全英女子オープンで渋野が優勝したときには、やはり同期の大里桃子も加えた3人で祝勝会を開いていた。

プロ入り後はステップ・アップ・...
詳細はこちら
【+1でホールアウトの笹生優花は「ゴルフは簡単ではない」】
2バーディ・3ボギーの73。笹生優花にとっては、不満足なスタートだったはずだ。でも笹生は、一言「これもゴルフですから」と答えた。その言葉に、笹生の比類ないゴルフ観が伝わってきた。

「ゴルフは、簡...
詳細はこちら
【午前スタート全選手がホールアウト。-8をマークしたイ ナリが単独首位に】
2020年度(第53回)日本女子オープンゴルフ選手権第1ラウンドは、午前スタート選手がホールアウト。本選手権ベストスコアタイの64でホールアウトしたイ ナリが単独首位に立っている。4打差の2位タイには... 詳細はこちら
【第1ラウンドが定刻スタート】
「2020年度(第53回)日本女子オープンゴルフ選手権」第1ラウンドは、定刻7時に10番ティーから第11組、7時5分に第1組が1番ティーをティーオフ。今年の日本一の女子ゴルファーの座を争う戦いがスター... 詳細はこちら
ページトップ
PREVIOUS DAY[大会前]
2020年度(第53回)日本女子オープンゴルフ選手権の開幕を明日に控えた30日、福岡県宮若市のザ・クラシックゴルフ倶楽部キング・クイーンコースで日本一の女子ゴルファーの座を争う120名の選手たちが最後... 詳細はこちら

【ディフェンディングチャンピオン畑岡奈紗選手コメント】
10月1日(木)に福岡県宮若市のザ・クラシックゴルフ倶楽部キング・クイーンコースで開幕する「2020年度(第53回)日本女子オープンゴルフ選手権」。本選手権のディフェンディングチャンピオンの畑岡奈紗選... 詳細はこちら
【第1・第2ラウンドの組み合わせが決定】
福岡県宮若市のザ・クラシックゴルフ倶楽部キング・クイーンコースが舞台となる「2020年度(第53回)日本女子オープンゴルフ選手権」の第1ラウンド・第2ラウンドの組み合わせが決定した。

⚫第1ラウ...
詳細はこちら
新型コロナウイルス感染症予防対策について
本大会では、新型コロナウイルス感染症予防のため、以下の対策を予定しております。

【選手、キャディー】
施設利用(コース、クラブハウス、練習施設など)をするためには、所定のPCR検査(別途案内)...
詳細はこちら
ページトップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約