JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【日本学生、明日24日(火)開幕】
大会前 競技報告:JGA
2021年度(第74回)日本学生ゴルフ選手権競技が、24日(火)愛知カンツリー倶楽部(7,132ヤード パー71)にて91名の選手が出場して4日間、72ホール・ストロークプレーで行われる。

開催コースの愛知カンツリー倶楽部(名古屋市名東区猪高町高針山ノ中20-1)は、1954年に名匠・井上誠一氏の設計により開場した名門コースである。かつて尾張徳川家の御狩場だった71万平方メートルの広大な敷地に、その自然の地形を活かしたコースレイアウトになっている。これまでに日本オープン3回(1957,1971,2010年)、日本アマ3回(1960,1964,2007年)、日本女子アマ1回(2012年)な
ど数多くの試合の舞台になっている。日本学生は1962,1986年以来35年ぶり3回目の開催となる。

高校2年生の時(2018年)に日本ジュニアに優勝した杉浦悠太(日本大学2年)は、昨日まで男子ツアーのセガサミーカップに出場していた。通算5アンダーで見事にベストアマチュアに輝いたが、「調子よかったので、伸しきれずに残念。流れがよくてバーディをとれていたが、短いパットを外してせっかくの流れを悪くしてしまっていた」と内容に満足はしていない。千歳から飛行機で移動してきて、宿舎に着いたのは午後7時過ぎ。練習ラウンドはこの日朝の7時30分から1ラウンドをこなした。「コースは地元なのでよく知っている。OBなどもったいないミスをしなければ、スコアは伸ばせる。1日3個ずつ」3アンダーで回ることが目標だ。本競技では先々週の全米アマに出場していた中島啓太、米澤蓮、杉原大河らが出場していない。それだけに優勝のチャンスでは、との質問には「チャンスかなぁ…。でも誰にでも勝つチャンスがある」と答えが返ってきた。

これまで数々の名勝負を繰り広げてきた、この舞台で果たしてどんな優勝争いが展開されるか。選手たちが学生日本一を競う。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約