JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【第1ラウンドは、2アンダーパーで3人が首位に並ぶ混戦模様に】
第1日 競技報告:JGA 写真:Y.Watanabe / Y.Kawatani
幸田彩里
塩澄英香
第1ラウンドは、2アンダーパーで3人が首位に並ぶ混戦模様に

2022年度(第63回)日本女子アマチュアゴルフ選手権競技の第1ラウンドは、岐阜県関市の岐阜関カントリー倶楽部東コース(6,568ヤード パー72)にて142人の選手が出場して行われた。朝からずっと雨が降り続き、フェアウェイもボールのランを期待することが出来ず、ラフに入れば水分を含んだ芝が重く感じられ、選手を苦しめた。

その中で、2アンダーパーをマークした、塩澄英香(二丈CC)、寺岡沙弥香(ナパラG一本松C)、幸田彩里(早稲田大)の3人が首位に並んだ。今年、関西女子アマチュアゴルフ選手権を制した寺岡は「今日は長いバーディパ
寺岡沙弥香
ット、6~7メートルのパットが入ってくれて、4バーディが獲れて良かった」と好スタートを切った。本選手権で60台のスコアが出なかったのは、2018年第4ラウンド(嵐山CC)以来で、首位と2打差以内に20人がひしめく大混戦となった。寺岡は「最近は60台を出せていないので、明日は60台で回りたい」とさらなる躍進を目指す。大会は4日間72ホール・ストロークプレーで争われる。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約