JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【全米女子オープン帰りの馬場咲希は得意のドライバーショットが決まらずにパー発進】
第1日 競技報告:塩原義雄 写真:Y.Watanabe / Y. Kawatani
全米女子オープンに予選会から出場して予選突破を果たした高校2年生の馬場咲希は、自分のゴルフパターンにはめられずに苦戦した。帰国後の2日間は時差ボケに悩まされたという。「その分、しっかり休養できたので、今大会は、体調よく臨むことができました」

体調はよし。では、ゴルフの調子は?

「それが、ドライバーショットが左にまっすぐ飛び出していって、ラフに飛び込んでいってしまうんです。第1日は、チャンスを作れず、アプローチショットとパターでしのぐ展開のゴルフになってしまいました」

ということで、4ホールあるパー5でバーディは1ホール(1番)だけ。2バーディ・2ボギーと静かな内容でイーブンパ
ーにとどまった。

全米女子オープンでは、周りが飛ばす選手ばかりで驚いたという。馬場は飛ばし屋として知られる。ドライバーの飛距離は260㍎。フルスイングできるホールでは270㍎を超えるビッグドライブも放つ。その馬場が、全米女子オープンでは同伴競技者に先を越され、「日本ではあまり経験することがない」というセカンドオーナーという立場に置かれる。「あれは、ちょっと衝撃でした」

カルチャーショックだけではなく、グリーン周りから外国人選手が多用する転がしのアプローチショットを見て、練習して自分のものにして帰国できたという。おおきなお土産になる…はずだった。でも、日本女子アマでは、ランニングよりもピッチ&ランを求められる状況が多く、披露する機会がなかった。

それや、これや…で、自分がやりたいゴルフがなかなかできずに、ちょっとフラストレーションの溜まる第1日になってしまった。

「ドライバーショットを修正して、自分の好きな攻めるゴルフの展開に戻していきたいです」

馬場は、仕切り直して第2日以降に臨むことになった。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約