JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【20年ぶりのクイーンシリキット団体・個人優勝の橋本美月が狙う日本女子アマのタイトル】
第1日 競技報告:塩原義雄 写真:Y.Watanabe / Y. Kawatani
橋本美月。この名前は、昨年末から突然のように注目されるようになった。11月10日から13日までUAEのアブダビGCで開催されたアジアパシフィック女子アマチュア選手権の最終日、3打差の2位からスタートして1イーグル・3バーディ・1ボギーの68と追撃、逆転してアジアNO.1女子アマの座をもぎとった。さらに東北福祉大2年に進学した5月には、シンガポールでのクイーンシリキット杯アジア太平洋女子招待選手権で日本チームのメンバーとして出場し、個人・団体優勝を果たした。実に2004年大会の諸見里しのぶ以来の快挙であった。

実は、高校時代は兵庫・滝川第二高で橋本が1年生のときに安田祐香、古江彩佳が3年生
で同じチームメイトであった。卒業後は、プロ入りした両先輩とは別の道を選択し、大学に進学して、一気に才能が開花した。ナショナルチーム入りしての活動も成長の大きな糧になっていた。今年はトレーニングの質、量ともに高め、ショートゲームのバリエーションを増やすことにも努れからめてきた。

その成果が、日本でよりアジアで先に実った格好になったが、今大会では、日本でも大きなタイトルを狙っている。目標は、聞くまでもなく「優勝です!」

ところが、いざ本番では、ショットの調子が下降線をたどっていた。グリーンをはずすシーンも目立ったのだが、これも橋本の成長を明かすための流れになっていた。というのも、はずしても、次に寄せやすいエリアを狙うマネジメントで第1日は4バーディ・3ボギーで1アンダーパー71でのホールアウトとなった。雨の中、4ホールあるパー5で3バーディと、スマートな攻めも披露した。橋本美月の名前は、これから日本でもっともっと知られるようになるだろう。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約