JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【ティーンエージャーを抑えて大学女子の幸田彩里が首位タイに立つ】
第1日 競技報告:塩原義雄 写真:Y.Watanabe / Y. Kawatani
名古屋出身で現在は早大3年生。2018、19年の中部ジュニアを連覇したあと、早大に進学し、ゴルフ部に在籍。体育会の学生寮生活を送っている。この生活が、なかなか厳しい。月、水、金曜日は朝6時半からトレーニングとボール打ち。火、木曜日はまたトレーニング。そして土、日曜日は、部で提携している茨城・取手国際でキャディーをし、終わるとコースでのラウンド…というハードスケジュールだ。もちろん授業もある。

そんな日々を送っているうちに、「なんか、打たれ強くなったと思っています。へこたれないというか、よほどのことでない限り“ま、いいか”と流せるようにもなりました。ゴルフをやってきてよかったです」

そんな幸田のゴルフでは、マネジメントが最優先されている。「悪いショットでも大ミスにならないようにしています。ラフに入ったら、グリーン手前、花道から狙う。基本と言えば基本なんですけど、それを徹底しています。無理はしません。無駄なこともやりません。無謀は、厳禁です」

スタートの1番パー5ホールでピンまで84㍎の第3打を3㍍につけてバーディ発進するとそこから8番まではパーを並べ、9番で再び3㍍を沈めて2アンダーパーでインにターン。12番パー3ホールでは、グリーンをはずしたもののチップインを決めた。これで3アンダーパー。第1日ただ一人の60台スコアでのラウンドとなるかと思われたが、距離の長い最終18番パー4ホールでティーショットをバンカーに打ち込み、第2打をグリーン手前30㍎地点にレイアップする。ここからのアプローチショットを2㍍ほどに寄せるも、パーパットを決め切れずに唯一のボギーにしてちょっと悔しい上がりとなった。

「爆発的なスコアを出せるタイプではないので、自分らしいゴルフができたと思います」

手堅く、メリハリを利かせた幸田のゴルフ。第2ラウンド以降も注目していきたい。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約